なる

  1. まはすから嘘つぽくなる白日傘 荒井八雪【季語=白日傘(夏)】

    まはすから嘘つぽくなる白日傘荒井八雪))思わず膝を打ってしまうのだけれど、この「嘘っぽさ」を説明しようとすると言葉に詰まる。白日傘自体は嘘ではなく、目の前に存在しているのは間違いない。その日傘が回る…

  2. プラタナス夜もみどりなる夏は来ぬ 石田波郷【季語=夏来る(夏)】

    プラタナス夜もみどりなる夏は来ぬ石田波郷以前鑑賞した「あえ…

  3. 薄氷の筥の中なる逢瀬かな 大木孝子【季語=薄氷(春)】

    薄氷の筥(はこ)の中なる逢瀬かな大木孝子(『柞繭』) 梅の…

  4. あっ、ビデオになってた、って君の声の短い動画だ、海の 千種創一

    あっ、ビデオになってた、って君の声の短い動画だ、海の千種創一…

  5. 大年やおのづからなる梁響 芝不器男【季語=大年(冬)】

    大年やおのづからなる梁響芝不器男(『芝不器男句集』1965年)…

  6. 老人になるまで育ち初あられ 遠山陽子【季語=初霰(冬)】

  7. 虹の空たちまち雪となりにけり 山本駄々子【季語=雪(冬)】

  8. 藍を着古し/棚田の/父祖の/翳となる 上田玄

  9. 香水や時折キッとなる婦人 京極杞陽【季語=香水(夏)】

  10. 刈草高く積み軍艦が見えなくなる 鴻巣又四郎【季語=草刈(夏)】

  11. 夾竹桃くらくなるまで語りけり 赤星水竹居【季語=夾竹桃(夏)】

  12. 黴くさし男やもめとなりてより 伊藤伊那男【季語=黴(夏)】

カテゴリー記事一覧

記事一覧

PAGE TOP