ゆく

  1. 春惜しみつゝ蝶々におくれゆく   三宅清三郎【季語=春惜む・蝶々(春)】

    春惜しみつゝ蝶々におくれゆく三宅清三郎みやけ・せいざぶろう2021年も2022年もこんな風にハイクノミカタを書いていたけれど、こんなに毎週遅れることはなかったのはなぜだったのか考えた。行動を制限され…

  2. 寒卵良い学校へゆくために 岩田奎【季語=寒卵(冬)】

    寒卵良い学校へゆくために岩田奎『膚』掲句の「学校」とは、果…

  3. 雪の速さで降りてゆくエレベーター 正木ゆう子【季語=雪(冬)】

    雪の速さで降りてゆくエレベーター正木ゆう子  エレベーター…

  4. 露草を持つて銀行に入つてゆく 飯島晴子【季語=露草(秋)】

    露草を持つて銀行に入つてゆく)飯島晴子 たまたま道端で摘ん…

  5. 夕凪を櫂ゆくバター塗るごとく 堀本裕樹【季語=夕凪(夏)】

    夕凪を櫂ゆくバター塗るごとく)堀本裕樹『一粟』駿河台出版社2022年…

  6. 人とゆく野にうぐひすの貌強き 飯島晴子【季語=鶯(春)】

  7. 鳥の巣に鳥が入つてゆくところ 波多野爽波【季語=鳥の巣(春)】 

  8. 枯野ゆく最も遠き灯に魅かれ 鷹羽狩行【季語=枯野(冬)】

  9. サフランもつて迅い太子についてゆく 飯島晴子【季語=サフランの花(秋)】

  10. 駅蕎麦の旨くなりゆく秋の風 大牧広【季語=秋の風(秋)】

  11. さくらんぼ洗ひにゆきし灯がともり 千原草之【季語=さくらんぼ(夏)】

  12. 詩に瘦せて二月渚をゆくはわたし 三橋鷹女【季語=二月(春)】

おすすめ記事

  1. 春風にこぼれて赤し歯磨粉 正岡子規【季語=春風(春)】
  2. 薄氷の吹かれて端の重なれる 深見けん二【季語=薄氷(冬)】
  3. 【夏の季語】梅雨入
  4. 誕生日の切符も自動改札に飲まれる 岡田幸生
  5. 昼酒に喉焼く天皇誕生日 石川桂郎【季語=天皇誕生日(春)】

Pickup記事

  1. 室咲きをきりきり締めて届きたり 蓬田紀枝子【季語=室咲(冬)】
  2. 【秋の季語】秋灯下
  3. 【春の季語】引鴨
  4. ライターを囲ふ手のひら水温む 斉藤志歩【季語=水温む(春)】
  5. 【秋の季語】穴惑
PAGE TOP