ゆく

  1. サフランもつて迅い太子についてゆく 飯島晴子【季語=サフランの花(秋)】

    サフランもつて迅い太子についてゆく)飯島晴子 難解をもって鳴る飯島晴子らしい俳句。このナンセンスすれすれの句に恣意的な読みで飯島晴子らしい匂いをかぎとってみたい。 句を散文として読めば文意は…

  2. 駅蕎麦の旨くなりゆく秋の風 大牧広【季語=秋の風(秋)】

    駅蕎麦の旨くなりゆく秋の風大牧広(『大牧広全句集』ふらんす堂)…

  3. さくらんぼ洗ひにゆきし灯がともり 千原草之【季語=さくらんぼ(夏)】

    さくらんぼ洗ひにゆきし灯がともり千原草之(ちはら・そうし)…

  4. 詩に瘦せて二月渚をゆくはわたし 三橋鷹女【季語=二月(春)】

    詩に瘦せて二月渚をゆくはわたし三橋鷹女以前、何かの講演で、…

  5. 早春や松のぼりゆくよその猫 藤田春梢女【季語=早春(春)】

    早春や松のぼりゆくよその猫藤田春梢女(ふじた・しゅんしょうじょ)…

  6. しんしんと寒さがたのし歩みゆく 星野立子【季語=寒さ(冬)】

  7. 突として西洋にゆく暖炉かな 片岡奈王【季語=暖炉(冬)】

  8. 前をゆく私が野分へとむかふ 鴇田智哉【季語=野分(秋)】

  9. ひと魂でゆく気散じや夏の原 葛飾北斎【季語=夏の原(夏)】

  10. 青嵐神木もまた育ちゆく 遠藤由樹子【季語=青嵐(夏)】

  11. 郭公や何処までゆかば人に逢はむ 臼田亜浪【季語=郭公(夏)】

  12. 老人がフランス映画に消えてゆく 石部明

カテゴリー記事一覧

記事一覧

PAGE TOP