ハイクノミカタ阪西敦子

  1. 蟷螂の怒りまろびて掃かれけり 田中王城【季語=蟷螂(秋)】

    蟷螂の怒りまろびて掃かれけり田中王城(たなか・おうじょうまさとし))何が始まって何が終わって、今、自分が何と何の間にいるのか、目まぐるしく移り変わるこのごろ、近づいてくる次の段階に向かう準備に気を取…

  2. 手花火を左に移しさしまねく 成瀬正俊【季語=花火(秋)】

    手花火を左に移しさしまねく成瀬正俊(なるせ・まさとしまさとし))…

  3. 置替へて大朝顔の濃紫 川島奇北【季語=朝顔(秋)】

    置替へて大朝顔の濃紫川島奇北(かわしま・きほく))なんとか…

  4. 金魚すくふ腕にゆらめく水明り 千原草之【季語=金魚(夏)】

    金魚すくふ腕にゆらめく水明り千原草之(ちはらそうし))喉元…

  5. 愉快な彼巡査となつて帰省せり 千原草之【季語=帰省(夏)】

    愉快な彼巡査となつて帰省せり千原草之(ちはらそうし))喉元…

  6. 炎天を山梨にいま来てをりて 千原草之【季語=炎天(夏)】

  7. ビール買ふ紙幣をにぎりて人かぞへ 京極杞陽【季語=ビール(夏)】

  8. フラミンゴ同士暑がつてはをらず 後藤比奈夫【季語=暑し(夏)】

  9. 夕焼や答へぬベルを押して立つ 久保ゐの吉【季語=夕焼(夏)】

  10. 夾竹桃くらくなるまで語りけり 赤星水竹居【季語=夾竹桃(夏)】

  11. 父の日の父に甘えに来たらしき 後藤比奈夫【季語=父の日(夏)】

  12. 麺麭摂るや夏めく卓の花蔬菜 飯田蛇笏【季語=夏めく(夏)】

カテゴリー記事一覧

記事一覧

PAGE TOP