「海程」

  1. 秋思かがやくストローを嚙みながら 小川楓子【季語=秋思(秋)】

    秋思かがやくストローを嚙みながら)小川楓子小説を読むように読んでしまう句集、といったら新しい句集では断然これ。小川楓子さんの『ことり』は独特の韻律や口語が混じる文体も魅力的で、俳句でこんなこ…

  2. もう逢わぬ距りは花野にも似て 澁谷道【季語=花野(秋)】

    もう逢わぬ距(へだた)りは花野にも似て澁谷道(『縷紅集』)…

  3. スタールビー海溝を曳く琴騒の 八木三日女

    スタールビー海溝を曳く琴騒の八木三日女(「Unicorn」創刊号 昭和43…

  4. 未生以前の石笛までも刎ねる 小野初江

    未生以前の石笛までも刎ねる)小野初江)掲句との出会いはおよ…

  5. ラーメン舌に熱し僕がこんなところに 林田紀音夫

    ラーメン舌に熱し僕がこんなところに林田紀音夫(『風蝕』1961年)…

  6. 青年鹿を愛せり嵐の斜面にて 金子兜太【季語=鹿(秋)】

  7. 【第2回】ラジオ・ポクリット(ゲスト: 月野ぽぽなさん)

  8. 赤き茸礼讃しては蹴る女 八木三日女【季語=茸(秋)】

  9. 河よりもときどき深く月浴びる 森央ミモザ【季語=月(秋)】

  10. あめつちや林檎の芯に蜜充たし 武田伸一【季語=林檎(秋)】

  11. 九月の教室蟬がじーんと別れにくる 穴井太【季語=九月(秋)】

  12. 彎曲し火傷し爆心地のマラソン 金子兜太

カテゴリー記事一覧

記事一覧

PAGE TOP