「海程」

  1. スタールビー海溝を曳く琴騒の 八木三日女

    スタールビー海溝を曳く琴騒の八木三日女(「Unicorn」創刊号 昭和43年)「Unicorn」を短く紹介すると、高柳重信や金子兜太、あるいは飯田龍太ら、高度成長期の俳壇をリードする戦後俳句の俳人達…

  2. 未生以前の石笛までも刎ねる 小野初江

    未生以前の石笛までも刎ねる)小野初江)掲句との出会いはおよ…

  3. ラーメン舌に熱し僕がこんなところに 林田紀音夫

    ラーメン舌に熱し僕がこんなところに林田紀音夫(『風蝕』1961年)…

  4. 青年鹿を愛せり嵐の斜面にて 金子兜太【季語=鹿(秋)】

    青年鹿を愛せり嵐の斜面にて金子兜太「斜面」を「なぞえ」と読…

  5. 【第2回】ラジオ・ポクリット(ゲスト: 月野ぽぽなさん)

    2021年10月で、セクト・ポクリットも1周年!ついにポッドキャスト(インターネッ…

  6. 赤き茸礼讃しては蹴る女 八木三日女【季語=茸(秋)】

  7. 河よりもときどき深く月浴びる 森央ミモザ【季語=月(秋)】

  8. あめつちや林檎の芯に蜜充たし 武田伸一【季語=林檎(秋)】

  9. 九月の教室蟬がじーんと別れにくる 穴井太【季語=九月(秋)】

  10. 彎曲し火傷し爆心地のマラソン 金子兜太

  11. 秋の日の音楽室に水の層 安西篤【季語=秋の日(秋)】

  12. 品川はみな鳥のような人たち 小野裕三

カテゴリー記事一覧

記事一覧

PAGE TOP