「海程」

  1. 象の足しづかに上る重たさよ 島津亮

    象の足しづかに上る重たさよ島津亮(『紅葉寺境内』昭和27年)「なぜ俳句を書くのか?」と聞かれることがあるだろう。よくある質問だが、あまり好きな質問ではない。この類の問いは突き詰めると「なぜ生きるのか…

  2. にんじんサラダわたし奥様ぢやないぞ 小川楓子【季語=にんじん(冬)】

    にんじんサラダわたし奥様ぢやないぞ小川楓子(『ことり』) …

  3. 猫と狆と狆が椎茸ふみあらす 島津亮【季語=椎茸(秋)】

    猫と狆と狆が椎茸ふみあらす島津亮先日、カフェでにんじんマフ…

  4. すきとおるそこは太鼓をたたいてとおる 阿部完市

    すきとおるそこは太鼓をたたいてとおる阿部完市あっという間に…

  5. 冷房とまる高階純愛の男女残し 金子兜太【季語=冷房(夏)】

    冷房とまる高階純愛の男女残し金子兜太(『金子兜太句集』) …

  6. 男色や鏡の中は鱶の海 男波弘志【季語=鱶(冬)】

  7. ほこりつぽい叙情とか灯を積む彼方の街 金子兜太

  8. どれも椋鳥ごきげんよう文化祭 小川楓子【季語=椋鳥(秋)】

  9. 秋思かがやくストローを嚙みながら 小川楓子【季語=秋思(秋)】

  10. もう逢わぬ距りは花野にも似て 澁谷道【季語=花野(秋)】

  11. スタールビー海溝を曳く琴騒の 八木三日女

  12. 未生以前の石笛までも刎ねる 小野初江

おすすめ記事

  1. 【#26-4】愛媛県南予地方と宇和島の牛鬼(4)
  2. 金色の種まき赤児がささやくよ  寺田京子【季語=種蒔(春)】 
  3. 【秋の季語】月
  4. 【春の季語】素魚
  5. 俳句おじさん雑談系ポッドキャスト「ほぼ週刊青木堀切」【#1】

Pickup記事

  1. 冬麗の谷人形を打ち合はせ 飯島晴子【季語=冬麗(冬)】
  2. 蓑虫の揺れる父性のやうな風  小泉瀬衣子【季語=蓑虫(秋)】
  3. 「パリ子育て俳句さんぽ」【9月24日配信分】
  4. 白牡丹四五日そして雨どつと 高田風人子【季語=白牡丹(夏)】
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第20回】竹内宗一郎
PAGE TOP