1. 夕飯よけふは昼寝をせぬままに 木村定生【季語=昼寝(夏)】

    夕飯よけふは昼寝をせぬままに木村定生「秋草」10周年を記念して、『秋草歳時記─第一巻─』が刊行された。創刊の2010年1月号から2019年12月号までの「秋草」発表の主宰句と秋草草子(各号の主宰の十…

  2. 啜り泣く浅蜊のために灯を消せよ 磯貝碧蹄館【季語=浅蜊(春)】

    啜り泣く浅蜊のために灯を消せよ磯貝碧蹄館(『道化』)浅蜊は…

  3. 象の足しづかに上る重たさよ 島津亮

    象の足しづかに上る重たさよ島津亮(『紅葉寺境内』昭和27年)…

  4. いつまでもからだふるへる菜の花よ 田中裕明【季語=菜の花(春)】 

    いつまでもからだふるへる菜の花よ)(田中裕明鑑賞する句を選…

  5. 金色の種まき赤児がささやくよ  寺田京子【季語=種蒔(春)】 

    金色の種まき赤児がささやくよ)(寺田京子生まれてまもない赤…

  6. 主よ人は木の髄を切る寒い朝 成田千空【季語=寒い(冬)】

  7. 太る妻よ派手な夏着は捨てちまへ ねじめ正也【季語=夏着(夏)】

  8. 姦通よ夏木のそよぐ夕まぐれ 宇多喜代子【季語=夏木(夏)】

  9. 鶏鳴の多さよ夏の旅一歩 中村草田男【季語=夏の旅(夏)】

  10. 恋さめた猫よ物書くまで墨すり溜めし 河東碧梧桐【季語=恋猫(春)】

  11. 来て見れば来てよかりしよ梅椿 星野立子【季語=梅・椿(春)】

  12. クリスマスイヴの始る厨房よ    千原草之【季語=クリスマス(冬)】

おすすめ記事

  1. 雨だれを聴きて信濃の濁り酒 德田千鶴子【季語=濁り酒(秋)】
  2. 冬ざれや父の時計を巻き戻し 井越芳子【季語=冬ざれ(冬)】
  3. 肩へはねて襟巻の端日に長し 原石鼎【季語=襟巻(冬)】
  4. 【春の季語】春灯
  5. 白い部屋メロンのありてその匂ひ 上田信治【季語=メロン(夏)】

Pickup記事

  1. 春の日やあの世この世と馬車を駆り 中村苑子【季語=春の日(春)】
  2. 天高し男をおいてゆく女 山口昭男【季語=天高し(秋)】
  3. 【俳句公募のご案内】「十年目の今、東日本大震災句集 わたしの一句」【12月15日締切】
  4. 虎の尾を一本持つて恋人来 小林貴子【季語=虎尾草(夏)】
  5. 汗の女体に岩手山塊殺到す 加藤楸邨【季語=汗(夏)】
PAGE TOP