季語・歳時記春の季語

  1. 【春の季語】花

    【春の季語=晩春(4月)】花平安時代からの慣習で俳句でも基本的には「桜」のことを指すが、植物の名である桜(いろいろな品種がある)に対して、一段とイメージ性が強い。また、それゆえに「花見」、「花時」、「花冷」…

  2. 【春の季語】蜃気楼

    【春の季語=晩春(4月)】蜃気楼光の屈折により、遠くの景色が伸びた…

  3. 【春の季語】復活祭

    【春の季語=晩春(4月)】復活祭磔刑にされて死んだイエス・キリストが三日目…

  4. 【春の季語】白魚

    【春の季語=初春(2月)】白魚春の訪れを告げる小魚。キュウリウオ目…

  5. 【春の季語】東風

    【春の季語=三春(2〜4月)】東風冬型の気圧配置が弱まると、日本列…

  6. 【春の季語】海市

  7. 【春の季語】桜

  8. 【春の季語】山桜

  9. 【春の季語】春

  10. 【春の季語】初花

  11. 【春の季語】雁帰る

  12. 【春の季語】鳥の恋

おすすめ記事

  1. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2023年12月分】
  2. 本捨つる吾に秋天ありにけり 渡部州麻子【季語=秋天(秋)】
  3. 【新連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#1
  4. 枯野ゆく最も遠き灯に魅かれ 鷹羽狩行【季語=枯野(冬)】
  5. 大空に自由謳歌す大花火 浅井聖子【季語=大花火(夏)】

Pickup記事

  1. 青葉冷え出土の壺が山雨呼ぶ 河野南畦【季語=青葉冷(夏)】
  2. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第48回】 箕面と後藤夜半
  3. 【春の季語】大試験
  4. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第55回】 甲府盆地と福田甲子雄
  5. 取り除く土の山なす朧かな 駒木根淳子【季語=朧(春)】
PAGE TOP