ない

  1. 流氷や宗谷の門波荒れやまず 山口誓子【季語=流氷(春)】

    流氷や宗谷の門波荒れやまず山口誓子今週、北海道・根室へ出張で行ってきた。根室市は日本の最東端にあり、日の出が最も早い市である。納沙布岬は毎年、元旦の初日の出を見ようと多くの観光客が集まる。私は、中標…

  2. 嚙み合はぬ鞄のチャック鳥曇 山田牧【季語=鳥曇(春)】

    嚙み合はぬ鞄のチャック鳥曇山田牧前々回(3/2分:鷹鳩と化…

  3. 順番に死ぬわけでなし春二番 山崎聰【季語=春二番(春)】

    順番に死ぬわけでなし春二番山崎聰巷では映画『PERFECT…

  4. 真っ白な息して君は今日も耳栓が抜けないと言う 福田若之【季語=真っ白な息(冬)】

    真っ白な息して君は今日も耳栓が抜けないと言う福田若之明日1…

  5. しやぼんだま死後は鏡の無き世界 佐々木啄実【季語=石鹸玉(春)】

    しやぼんだま死後は鏡の無き世界佐々木啄実1日に何度も鏡を見…

  6. けふあすは誰も死なない真葛原 飯島晴子【季語=葛の花(秋)】

  7. 婿は見えたり見えなかつたり桔梗畑 飯島晴子【季語=桔梗(秋)】

  8. コスモスを愛づゆとりとてなきゴルフ 大橋 晄【季語=コスモス(秋)】

  9. 葛の花来るなと言つたではないか 飯島晴子【季語=葛の花(秋)】

  10. 来たことも見たこともなき宇都宮 /筑紫磐井

  11. 逢はぬ間に逢へなくなりぬ桐の花 中西夕紀【季語=桐の花(夏)】

  12. 動かない方も温められている 芳賀博子

おすすめ記事

  1. 故郷のすすしの陰や春の雪 原石鼎【季語=春の雪(春)】 
  2. 【書評】日下野由季 第2句集『馥郁』(ふらんす堂、2018年)
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第22回】村上鞆彦
  4. 【冬の季語】年惜む
  5. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第34回】鎌倉と星野立子

Pickup記事

  1. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#17
  2. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第56回】 白川郷と能村登四郎
  3. 【春の季語】蝶
  4. コーヒーに誘ふ人あり銀杏散る 岩垣子鹿【季語=銀杏散る(冬)】
  5. ここは敢て追はざる野菊皓かりき 飯島晴子【季語=野菊(秋)】
PAGE TOP