ない

  1. 海に出て綿菓子買えるところなし 大高翔

    海に出て綿菓子買えるところなし大高翔(「鳩よ!」1997年8月号)昔、マガジンハウスが出していた「鳩よ!」という文芸雑誌があって、俳句の特集などもやっていたのです。97年ということは、本格的にインタ…

  2. 季すぎし西瓜を音もなく食へり 能村登四郎【季語=西瓜(秋)】

    季(とき)すぎし西瓜を音もなく食へり能村登四郎夏と言えば西…

  3. 雲の中瀧かゞやきて音もなし 山口青邨【季語=瀧(夏)】

    雲の中瀧かゞやきて音もなし山口青邨家電量販店をぶらついてい…

  4. 春愁は人なき都会魚なき海 野見山朱鳥【季語=春愁(春)】

    春愁は人なき都会魚なき海)野見山朱鳥) 人っ子ひとりいない…

  5. 沈丁や夜でなければ逢へぬひと 五所平之助【季語=沈丁(春)】

    沈丁や夜でなければ逢へぬひと五所平之助(『五所亭俳句集』)…

  6. 春天の塔上翼なき人等 野見山朱鳥【季語=春天(春)】

  7. 特定のできぬ遺体や春の泥 高橋咲【季語=春の泥(春)】

  8. 廃墟春日首なきイエス胴なき使徒 野見山朱鳥【季語=春日(春)】

  9. 仕る手に笛もなし古雛 松本たかし【季語=古雛(春)】

  10. 嵐の埠頭蹴る油にもまみれ針なき時計 赤尾兜子

  11. 昼ごろより時の感じ既に無くなりて樹立のなかに歩みをとどむ 佐藤佐太郎

  12. 秋天に雲一つなき仮病の日 澤田和弥【季語=秋天(秋)】

カテゴリー記事一覧

記事一覧

PAGE TOP