1. 向日葵をつよく彩る色は黒 京極杞陽【季語=向日葵(夏)】

    向日葵をつよく彩る色は黒京極杞陽11月最初の金曜日である。11月は季節でいえば冬になるが、今週末は夏日とのことで、最高の秋晴れのなか、なんとも複雑な気持ちである。こんな1日に三つの季節を感じさせるな…

  2. しやぼんだま死後は鏡の無き世界 佐々木啄実【季語=石鹸玉(春)】

    しやぼんだま死後は鏡の無き世界佐々木啄実1日に何度も鏡を見…

  3. 恋ふたつ レモンはうまく切れません 松本恭子【季語=レモン(秋)】

    恋ふたつ レモンはうまく切れません松本恭子(『檸檬の街で』)…

  4. 秋・紅茶・鳥はきよとんと幸福に 上田信治【季語=秋(秋)】

    秋・紅茶・鳥はきよとんと幸福に上田信治 「秋」と「紅茶」と…

  5. 横顔は子規に若くなしラフランス 広渡敬雄【季語=ラフランス(秋)】

    横顔は子規に若くなしラフランス広渡敬雄 ラ・フランスが好き…

  6. ここは敢て追はざる野菊皓かりき 飯島晴子【季語=野菊(秋)】

  7. 逢いたいと書いてはならぬ月と書く 池田澄子【季語=月(秋)】

  8. 片足はみづうみに立ち秋の人 藤本夕衣【季語=秋(秋)】

  9. けふあすは誰も死なない真葛原 飯島晴子【季語=葛の花(秋)】

  10. ラグビーのゴールは青き空にあり 長谷川櫂【季語=ラグビー(冬)】

  11. 昼の虫手紙はみんな恋に似て 細川加賀【季語=昼の虫(秋)】

  12. 婿は見えたり見えなかつたり桔梗畑 飯島晴子【季語=桔梗(秋)】

おすすめ記事

  1. 生れたる蝉にみどりの橡世界 田畑美穂女【季語=蝉(夏)】
  2. 螢とび疑ひぶかき親の箸 飯島晴子【季語=螢(夏)】
  3. 実るなと掴む乳房や春嵐 渡邉美愛【季語=春嵐(春)】
  4. ポメラニアンすごい不倫の話きく 長嶋有
  5. 紅梅の気色たゞよふ石の中 飯島晴子【季語=紅梅(春)】

Pickup記事

  1. セーターを脱いだかたちがすでに負け 岡野泰輔【季語=セーター(冬)】
  2. 二十世紀なり列国に御慶申す也 尾崎紅葉【季語=御慶(新年)】
  3. 【#32】『教養としての俳句』の本作り
  4. イエスほど痩せてはをらず薬喰 亀田虎童子【季語=薬喰(冬)】
  5. 【夏の季語】空蟬/蟬の殻 蟬の抜殻
PAGE TOP