1. 男色や鏡の中は鱶の海 男波弘志【季語=鱶(冬)】

    男色や鏡の中は鱶(ふか)の海男波弘志(『阿字』) 男色とは、男性同士の恋愛のこと。古くは衆道ともいう。平安時代、女人禁制の寺院では、高僧と弟子との間には、主従を越えた関係が存在していた。有名な話だが…

  2. 凍港や旧露の街はありとのみ 山口誓子【季語=凍つ(冬)】

    凍港や旧露の街はありとのみ)山口誓子音楽でスティングと聞い…

  3. 秋海棠西瓜の色に咲にけり 松尾芭蕉【季語=秋海棠(秋)】

    秋海棠西瓜の色に咲にけり松尾芭蕉(角川ソフィア文庫『芭蕉全句集』)…

  4. 幾千代も散るは美し明日は三越 攝津幸彦

    幾千代も散るは美し明日は三越攝津幸彦(現代俳句文庫『攝津幸彦句集』)…

  5. もう逢わぬ距りは花野にも似て 澁谷道【季語=花野(秋)】

    もう逢わぬ距(へだた)りは花野にも似て澁谷道(『縷紅集』)…

  6. 月代は月となり灯は窓となる   竹下しづの女【季語=月(秋)】

  7. 葛の花むかしの恋は山河越え 鷹羽狩行【季語=葛の花(秋)】

  8. 向いてゐる方へは飛べぬばつたかな 抜井諒一【季語=飛蝗(秋)】

  9. 呪ふ人は好きな人なり紅芙蓉 長谷川かな女【季語=芙蓉(秋)】

  10. 天高し深海の底は永久に闇 中野三允【季語=天高し(秋)】

  11. 八月は常なる月ぞ耐へしのべ 八田木枯【季語=八月(秋)】

  12. 立読みの少年夏は斜めに過ぎ 八田木枯【季語=夏(夏)】

カテゴリー記事一覧

記事一覧

PAGE TOP