1. 辛酸のほどは椿の絵をかけて 飯島晴子【季語=椿(春)】

    辛酸のほどは椿の絵をかけて)飯島晴子辛酸の「ほど」とは。「程度」という意味にもとれるし、「ご検討のほどよろしくお願いします」のような「ほど」ともとれる。前者の場合には、椿の絵をかけることによって、辛…

  2. 寒いねと彼は煙草に火を点ける 正木ゆう子【季語=寒い(冬)】

    寒いねと彼は煙草に火を点ける正木ゆう子(『水晶体』) 人は…

  3. 真っ白な息して君は今日も耳栓が抜けないと言う 福田若之【季語=真っ白な息(冬)】

    真っ白な息して君は今日も耳栓が抜けないと言う福田若之明日1…

  4. わが腕は翼風花抱き受け 世古諏訪【季語=風花(冬)】

    わが腕は翼風花抱き受け世古諏訪掲句は、句集『醉芙蓉』より。…

  5. 年逝くや兎は頰を震はせて 飯島晴子【季語=年逝く(冬)】

    年逝くや兎は頰を震はせて)飯島晴子 晴子に兎の句、雪兎の句…

  6. 白菜かかへみやこのなかは曇なり 飯島晴子【季語=白菜(冬)】

  7. 寒夕焼に焼き亡ぼさん癌の身は 成田千空【季語=寒夕焼(冬)】

  8. 凍る夜の大姿見は灯を映す 一力五郎【季語=凍る(冬)】

  9. 雀来て紅梅はまだこどもの木 成田千空【季語=紅梅(春)】

  10. 白鳥の花の身又の日はありや 成田千空【季語=白鳥(冬)】

  11. デモすすむ恋人たちは落葉に佇ち 宮坂静生【季語=落葉(冬)】

  12. 主よ人は木の髄を切る寒い朝 成田千空【季語=寒い(冬)】

おすすめ記事

  1. 秋海棠西瓜の色に咲にけり 松尾芭蕉【季語=秋海棠(秋)】
  2. 倉田有希の「写真と俳句チャレンジ」【第9回】俳句LOVEと写真と俳句
  3. 石よりも固くなりたき新松子 後藤比奈夫【季語=新松子(秋)】
  4. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第64回】 富山と角川源義
  5. 鴨翔つてみづの輪ふたつ交はりぬ 三島ゆかり【季語=鴨(冬)】

Pickup記事

  1. ほととぎす孝君零君ききたまへ 京極杞陽【季語=時鳥(夏)】
  2. 「野崎海芋のたべる歳時記」カスレ
  3. 黒服の春暑き列上野出づ 飯田龍太【季語=春暑し(春)】
  4. 【連載】歳時記のトリセツ(8)/池田澄子さん
  5. 笠原小百合の「競馬的名句アルバム」【第4回】2010年/2011年エリザベス女王杯
PAGE TOP