1. 恋人はめんどうな人さくらんぼ 畑耕一【季語=さくらんぼ(夏)】

    恋人はめんどうな人さくらんぼ畑耕一(『蜘蛛うごく』)恋とは、面倒なものである。面倒でない恋人などいないだろう。愛すれば愛するほど面倒になってゆくものだ。尽くすことが好きな私は、我儘な男性に恋をしてし…

  2. 夕飯よけふは昼寝をせぬままに 木村定生【季語=昼寝(夏)】

    夕飯よけふは昼寝をせぬままに木村定生「秋草」10周年を記念…

  3. すきとおるそこは太鼓をたたいてとおる 阿部完市

    すきとおるそこは太鼓をたたいてとおる阿部完市(『にもつは絵馬』昭和49年)…

  4. 早乙女のもどりは眼鏡掛けてをり 鎌田恭輔【季語=早乙女(夏)】

    早乙女のもどりは眼鏡掛けてをり鎌田恭輔拙句集『王国の名』の…

  5. 身支度は誰より早く旅涼し 阪西敦子【季語=涼し(夏)】

    身支度は誰より早く旅涼し阪西敦子旅は大好きだが自分で企てた…

  6. 本の背は金の文字押し胡麻の花 田中裕明【季語=胡麻の花(夏)】

  7. 熟れ麦はほろびのひかり夕日また 石原舟月【季語=熟れ麦(夏)】

  8. 捩花の誤解ねぢれて空は青 細谷喨々【季語=捩花(夏)】

  9. 蕎麦碾くや月山はうつすらと雪 佐藤郁良【季語=雪(冬)】 

  10. 卒業歌ぴたりと止みて後は風 岩田由美【季語=卒業歌(春)】

  11. 辛酸のほどは椿の絵をかけて 飯島晴子【季語=椿(春)】

  12. 寒いねと彼は煙草に火を点ける 正木ゆう子【季語=寒い(冬)】

おすすめ記事

  1. 餅花のさきの折鶴ふと廻る 篠原梵【季語=餅花(新年)】
  2. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2023年11月分】
  3. 「けふの難読俳句」【第9回】「蹼」
  4. 笠原小百合の「競馬的名句アルバム」【第6回】2018年フェブラリーステークス・ノンコノユメ
  5. 葉桜の頃の電車は突つ走る 波多野爽波【季語=葉桜(夏)】

Pickup記事

  1. 大空へ解き放たれし燕かな 前北かおる【季語=燕(春)】
  2. 【夏の季語】空蟬/蟬の殻 蟬の抜殻
  3. ペスト黒死病コレラは虎列刺コロナは何と 宇多喜代子【季語=コレラ(夏)】
  4. 逢いたいと書いてはならぬ月と書く 池田澄子【季語=月(秋)】
  5. 【冬の季語】暮早し
PAGE TOP