1. 八月の灼ける巌を見上ぐれば絶倫といふ明るき寂寥 前登志夫【季語=夏山(夏)】

    八月の灼ける巌を見上ぐれば絶倫といふ明るき寂寥前登志夫素でえぐい、と言いたくなる歌だ。激烈なパワープレー。語の重さを突き抜ける勢いがある。「八月の灼ける巌」は、ともすれば象徴的にも読まれ得る…

  2. もの書けば余白の生まれ秋隣 藤井あかり【季語=秋隣(夏)】

    もの書けば余白の生まれ秋隣藤井あかり(『封緘』)日本人独特…

  3. 梅雨の日の烈しくさせば罌粟は燃ゆ 篠田悌二郎【季語=梅雨・罌粟(夏)】

    梅雨の日の烈しくさせば罌粟は燃ゆ篠田悌二郎(『連作俳句集』昭和9年)…

  4. 炎ゆる 琥珀の/神の/掌の 襞/ひらけば/開く/歴史の 喪章 湊喬彦

     炎ゆる 琥珀の神の    掌(て)の 襞  ひらけば  …

  5. 犬去れば次の犬来る鳥総松 大橋越央子【季語=鳥総松(新年)】

    犬去れば次の犬来る鳥総松大橋越央子(おおはし・えつおうし))まさとし))…

  6. 柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺 正岡子規【季語=柿(秋)】

  7. 嫁がねば長き青春青蜜柑 大橋敦子【季語=青蜜柑(秋)】

  8. 柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺 正岡子規【季語=柿(秋)】

  9. かき冰青白赤や混ぜれば黎 堀田季何【季語=かき氷(夏)】

カテゴリー記事一覧

記事一覧

PAGE TOP