無季

  1. 幾千代も散るは美し明日は三越 攝津幸彦

    幾千代も散るは美し明日は三越攝津幸彦(現代俳句文庫『攝津幸彦句集』)「幾千代も散るは美し」という、なにやら和歌の出だしにありそうな大和言葉で固めた上五中七と、「今日は帝劇、明日は三越」という戦前のコ…

  2. 方舟へ行く一本道の闇上野ちづこ(無季)

    方舟へ行く一本道の闇上野ちづこ(『黄金郷』1990年深夜叢書社)…

  3. 無方無時無距離砂漠の夜が明けて 津田清子(無季)

    無方無時無距離砂漠の夜が明けて津田清子「無方無時無距離」と…

  4. 麦よ死は黄一色と思いこむ 宇多喜代子(無季)

    麦よ死は黄一色と思いこむ宇多喜代子「麦よ」という措辞からは…

  5. 体内の水傾けてガラス切る 須藤徹【無季】

    体内の水傾けてガラス切る須藤徹(『須藤徹全句集』)前回、高…

  6. スタールビー海溝を曳く琴騒の 八木三日女

  7. 回廊をのむ回廊のアヴェ・マリア 豊口陽子

  8. 野の落暉八方へ裂け 戰爭か 楠本憲吉

  9. 嵐の埠頭蹴る油にもまみれ針なき時計 赤尾兜子

  10. 同じ事を二本のレール思はざる 阿部青鞋

  11. 酒醸す色とは白や米その他 中井余花朗

  12. しろい小さいお面いっぱい一茶のくに 阿部完市

カテゴリー記事一覧

記事一覧

PAGE TOP