たり

  1. はしりすぎとまりすぎたる蜥蜴かな    京極杞陽【季語=蜥蜴(夏)】

    はしりすぎとまりすぎたる蜥蜴かな京極杞陽(きょうごく・きよう)ぐったり、ぐったりです、梅雨で。一日生きると、一日ぐったりなこの頃。というわけで、先週のストロングスタイルな日原方舟のあとは、殿…

  2. まどごしに與へ去りたる螢かな 久保より江【季語=蛍(夏)】

    まどごしに與へ去りたる螢かな久保より江(くぼ・よりえ)寒暖…

  3. 名ばかりの垣雲雀野を隔てたり 橋閒石【季語=雲雀野(春)】

    名ばかりの垣雲雀野を隔てたり橋閒石(『橋閒石全句集』)第一…

  4. 夕空や日のあたりたる凧一つ 高野素十【季語=凧(春)】

    夕空や日のあたりたる凧一つ高野素十))やれやれ、とほっとし…

  5. 鳥の恋漣の生れ続けたる       中田尚子【季語=鳥の恋(春)】

    鳥の恋漣の生れ続けたる中田尚子))近所の鳥たちがそわそわし…

  6. 嚔して酒のあらかたこぼれたる 岸本葉子【季語=嚔(冬)】

  7. 年を以て巨人としたり歩み去る 高浜虚子【季語=行年(冬)】

  8. 旗のごとなびく冬日をふと見たり 高浜虚子【季語=冬日(冬)】

  9. 休みの日晝まで霜を見てゐたり 永田耕衣【季語=霜(冬)】

  10. 一年の颯と過ぎたる障子かな 下坂速穂【季語=障子(冬)】

  11. 冬真昼わが影不意に生れたり 桂信子【季語=冬の昼(冬)】

  12. 秋日澄み樹のいろ拾ひつづけたる 井越芳子【季語=秋日(秋)】

カテゴリー記事一覧

記事一覧

PAGE TOP