来る

  1. 麦からを焼く火にひたと夜は来ぬ 長谷川素逝【季語=麦からを焼く?】

    麦からを焼く火にひたと夜は来ぬ長谷川素逝(橋本石火『長谷川素逝の百句』)長谷川素逝というと『砲車』が有名だが、この句は『三十三才』所収。『砲車』について引用書の巻末の解説文では、「『砲車』は戦争賛美…

  2. 先生はいつもはるかや虚子忌来る 深見けん二【季語=虚子忌(春)】

    先生はいつもはるかや虚子忌来る深見けん二(ふかみ・けんじ)…

  3. 犬去れば次の犬来る鳥総松 大橋越央子【季語=鳥総松(新年)】

    犬去れば次の犬来る鳥総松大橋越央子(おおはし・えつおうし))まさとし))…

  4. 茎石に煤をもれ来る霰かな 山本村家【季語=茎石(冬)】

    茎石に煤をもれ来る霰かな山本村家(やまもと・そんか)まさとし))…

  5. ここまでは来たよとモアイ置いていく 大川博幸

    ここまでは来たよとモアイ置いていく大川博幸誰が置いていった…

  6. 鵙の贄太古のごとく夕来ぬ 清原枴童【季語=鵙の贄(秋)】

  7. 鶴の来るために大空あけて待つ 後藤比奈夫【季語=鶴来る(秋)】

  8. 鴨が来て池が愉快となりしかな 坊城俊樹【季語=鴨来る(秋)】

  9. 求婚の返事来る日をヨット馳す 池田幸利【季語=ヨット(夏)】

  10. 直立の八月またも来りけり 小島健【季語=八月(秋)】

  11. 炎天を山梨にいま来てをりて 千原草之【季語=炎天(夏)】

  12. 父の日の父に甘えに来たらしき 後藤比奈夫【季語=父の日(夏)】

カテゴリー記事一覧

記事一覧

PAGE TOP