来る

  1. 蜷のみち淡くなりてより来し我ぞ 飯島晴子【季語=蜷(春)】

    蜷のみち淡くなりてより来し我ぞ)飯島晴子晴子の第三句集『春の蔵』は、例えば〈春の蔵でからすのはんこ押してゐる〉〈鶯に蔵をつめたくしておかむ〉〈蔵をまはつて舌熱くなる春やすみ〉など蔵を中心とした定住の…

  2. 唐太の天ぞ垂れたり鰊群来 山口誓子【季語=鰊(春)】 

    唐太の天ぞ垂れたり鰊群来)(山口誓子山口誓子の第一句集『凍…

  3. 雪が来るうさぎの耳とうさぎの目 青柳志解樹【季語=雪(冬)】

    雪が来るうさぎの耳とうさぎの目青柳志解樹大相撲初場所が大詰…

  4. 最終回みたいな街に鯨来る 斎藤よひら【季語=鯨(冬)】

    最終回みたいな街に鯨来る斎藤よひら晩学のせいか、若い方の俳…

  5. 雀来て紅梅はまだこどもの木 成田千空【季語=紅梅(春)】

    雀来て紅梅はまだこどもの木成田千空 平成10年(1998・…

  6. めちやくちやなどぜうの浮沈台風くる 秋元不死男【季語=台風(秋)】

  7. 葛の花来るなと言つたではないか 飯島晴子【季語=葛の花(秋)】

  8. 瀧見人子を先だてて来りけり 飯島晴子【季語=滝見(夏)】

  9. 来たことも見たこともなき宇都宮 /筑紫磐井

  10. 未来より滝を吹き割る風来たる 夏石番矢【季語=滝(夏)】

  11. 巡査つと来てラムネ瓶さかしまに 高濱虚子【季語=ラムネ(夏)】

  12. 虎の尾を一本持つて恋人来 小林貴子【季語=虎尾草(夏)】

おすすめ記事

  1. からたちの花のほそみち金魚売 後藤夜半【季語=金魚売(夏)】
  2. 刈草高く積み軍艦が見えなくなる 鴻巣又四郎【季語=草刈(夏)】
  3. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第34回】鎌倉と星野立子
  4. 「パリ子育て俳句さんぽ」【7月2日配信分】
  5. みすずかる信濃は大き蛍籠 伊藤伊那男【季語=蛍籠(夏)】

Pickup記事

  1. ビール買ふ紙幣をにぎりて人かぞへ 京極杞陽【季語=ビール(夏)】
  2. 青嵐神社があったので拝む 池田澄子【季語=青嵐(夏)】
  3. 【夏の季語】梅雨茸(梅雨菌)
  4. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年2月分】
  5. 【夏の季語】飛魚/とびを つばめ魚 あご
PAGE TOP