秋の季語

  1. 淋しさに鹿も起ちたる馬酔木かな      山本梅史【季語=鹿(秋)】

    淋しさに鹿も起ちたる馬酔木かな山本梅史(やまもと・ばいし))あっという間の九月の末日、みなさんいかがお過ごしですか。巷には愁思なども見当たるそうですけど、何だかめちゃくちゃ慌ただしいなかに、…

  2. いちじくを食べた子供の匂ひとか 鴇田智哉【季語=いちじく(秋)】

    いちじくを食べた子供の匂ひとか)鴇田智哉ああ、わかる。と感…

  3. 琴墜ちてくる秋天をくらりくらり 金原まさ子【季語=秋天(秋)】

    琴墜ちてくる秋天をくらりくらり)金原まさ子 金原まさ子が1…

  4. 九十の恋かや白き曼珠沙華 文挾夫佐恵【季語=曼珠沙華(秋)】

    九十の恋かや白き曼珠沙華文挾夫佐恵(『青愛鷹』) 若い頃は…

  5. ひるすぎの小屋を壊せばみなすすき 安井浩司【季語=すすき(秋)】

    ひるすぎの小屋を壊せばみなすすき安井浩司小屋はバラックのよ…

  6. 秋灯の街忘るまじ忘るらむ 髙柳克弘【季語=秋灯(秋)】

  7. 蜩や久しぶりなる井の頭      柏崎夢香【季語=蜩(秋)】

  8. 秋思かがやくストローを嚙みながら 小川楓子【季語=秋思(秋)】

  9. もう逢わぬ距りは花野にも似て 澁谷道【季語=花野(秋)】

  10. ある年の子規忌の雨に虚子が立つ 岸本尚毅【季語=子規忌(秋)】

  11. 寝そべつてゐる分高し秋の空 若杉朋哉【季語=秋の空(秋)】

  12. 駅蕎麦の旨くなりゆく秋の風 大牧広【季語=秋の風(秋)】

カテゴリー記事一覧

記事一覧

PAGE TOP