秋の季語

  1. ロボットの手を拭いてやる秋灯下 杉山久子【季語=秋灯下(秋)】

    ロボットの手を拭いてやる秋灯下杉山久子私はマキシマム ザ ホルモンの「糞ブレイキン脳ブレイキン・リリィー」とかハンバート ハンバートの「試作品第12号」を聴くと涙ぐんでしまうようなタチの…

  2. 秋草の揺れの移れる体かな 涼野海音【季語=秋草(秋)】

    秋草の揺れの移れる体かな涼野海音十月に入ってから、大会にあ…

  3. ここは敢て追はざる野菊皓かりき 飯島晴子【季語=野菊(秋)】

    ここは敢て追はざる野菊皓かりき)飯島晴子 「追はざる」が野…

  4. また次の薪を火が抱き星月夜 吉田哲二【季語=星月夜(秋)】

    また次の薪を火が抱き星月夜吉田哲二 嬉しいか、絶対に嫌か。…

  5. 【秋の季語】山椒の実

    【秋の季語=初秋(8月)】山椒の実【解説】山椒は、ミカン科サンショウ属の落…

  6. コスモスや泣きたくなつたので笑ふ 吉田林檎【季語=コスモス(秋)】

  7. 黒岩さんと呼べば秋気のひとしきり 歌代美遥【季語=秋気(秋)】

  8. 背広よりニットに移す赤い羽根 野中亮介【季語=赤い羽根(秋)】

  9. 猫と狆と狆が椎茸ふみあらす 島津亮【季語=椎茸(秋)】

  10. 【秋の季語】秋思

  11. なにはともあれの末枯眺めをり 飯島晴子【季語=末枯(秋)】

  12. 「十六夜ネ」といった女と別れけり 永六輔【季語=十六夜(秋)】

おすすめ記事

  1. 凌霄は妻恋ふ真昼のシャンデリヤ 中村草田男【季語=凌霄(夏)】
  2. 略図よく書けて忘年会だより 能村登四郎【季語=暖房(冬)】
  3. 砂浜の無数の笑窪鳥交る 鍵和田秞子【季語=鳥交る(春)】 
  4. 天高し鞄に辞書のかたくある 越智友亮【季語=天高し(秋)】
  5. 【書評】佐怒賀正美 第7句集『無二』(ふらんす堂、2018年)

Pickup記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第118回】前北かおる
  2. 【春の季語】鳥の妻恋
  3. 【冬の季語】今朝の冬
  4. 【新年の季語】松飾
  5. 【書評】茨木和生 第14句集『潤』(邑書林、2018年)
PAGE TOP