「秋」

  1. 鷹鳩と化して大いに恋をせよ 仙田洋子【季語=鷹鳩と化す(春)】

    鷹鳩と化して大いに恋をせよ仙田洋子 この度のわが人生の節目。自分達では結婚披露パーティーはしなかったが、句会ごとに様々な形で催してくれていて有り難い限りである。雪・霙の中吟行したこともあった。俳人ら…

  2. 魚は氷に上るや恋の扉開く 青柳飛【季語=魚氷に上る(春)】

    魚は氷に上るや恋の扉開く青柳飛(「天為」) 俳人の間で「歳…

  3. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2024年1月分】

    2024年もやります! 毎月が俳句年鑑! 前月に刊行された俳句結社誌・同人誌の最新…

  4. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年1月分】

    セクト・ポクリットでは2021年1月より、「コンゲツノハイク」をはじめました。前月…

  5. 胸の炎のボレロは雪をもて消さむ 文挾夫佐恵【季語=雪(冬)】

    胸の炎(ほ)のボレロは雪をもて消さむ)文挾夫佐恵小学校の頃…

  6. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年12月分】

  7. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年11月分】

  8. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年10月分】

  9. 九十の恋かや白き曼珠沙華 文挾夫佐恵【季語=曼珠沙華(秋)】

  10. さくら貝黙うつくしく恋しあふ 仙田洋子【季語=さくら貝(春)】

  11. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年1月分】

  12. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2021年12月分】

おすすめ記事

  1. 来たことも見たこともなき宇都宮 /筑紫磐井
  2. おもかげや姨ひとりなく月の友 松尾芭蕉【季語=月(秋)】
  3. 芹と名がつく賑やかな娘が走る 中村梨々【季語=芹(春)】 
  4. 蓑虫の揺れる父性のやうな風  小泉瀬衣子【季語=蓑虫(秋)】
  5. 泥に降る雪うつくしや泥になる 小川軽舟【季語=雪(冬)】

Pickup記事

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【番外―4】 奥武蔵・山毛欅峠と石田波郷
  2. 菜の花や月は東に日は西に 与謝蕪村【季語=菜の花(春)】
  3. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第48回】 箕面と後藤夜半
  4. 怒濤聞くかたはら秋の蠅叩 飯島晴子【季語=秋(秋)】
  5. 【#16】秋の夜長の漢詩、古琴
PAGE TOP