1. 【春の季語】花

    【春の季語=晩春(4月)】花平安時代からの慣習で俳句でも基本的には「桜」のことを指すが、植物の名である桜(いろいろな品種がある)に対して、一段とイメージ性が強い。また、それゆえに「花見」、「花時」、「花冷」…

  2. さくら仰ぎて雨男雨女 山上樹実雄【季語=桜(春)】

    さくら仰ぎて雨男雨女山上樹実雄晴れ女が証明された場に居合わ…

  3. 【春の季語】桜

    【春の季語=晩春(4月)】桜春の深まりを感じさせる落葉高木で、日本…

  4. 【春の季語】山桜

    【春の季語=晩春(4月)】山桜「桜」の一種。ソメイヨシノが広まるま…

  5. 【春の季語】初花

    【春の季語=仲春(3月)】初花その年に初めて咲いた「桜」の花のこと…

  6. エリックのばかばかばかと桜降る 太田うさぎ【季語=桜(春)】

  7. 【春の季語】雛祭

  8. 【春の季語】初桜

  9. 【夏の季語】葉桜

  10. 【春の季語】桜蘂降る

  11. 【春の季語】夜桜

  12. 【春の季語】夕桜

おすすめ記事

  1. 赤い椿白い椿と落ちにけり 河東碧梧桐【季語=椿(春)】
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第89回】広渡詩乃
  3. 【冬の季語】返り花(帰り花)
  4. 【復活?】神保町に銀漢亭があったころ【目次】
  5. 恋の句の一つとてなき葛湯かな 岩田由美【季語=葛湯(冬)】

Pickup記事

  1. 【短期連載】茶道と俳句 井上泰至【第2回】
  2. つちふるや自動音声あかるくて 神楽坂リンダ【季語=霾(春)】
  3. さへづりのだんだん吾を容れにけり 石田郷子【季語=囀(春)】
  4. あさがほのたゝみ皺はも潦 佐藤文香【季語=朝顔(秋)】
  5. 赤き茸礼讃しては蹴る女 八木三日女【季語=茸(秋)】
PAGE TOP