季語・歳時記夏の季語

  1. 【夏の季語】ごきぶり

    【夏の季語=三夏(5ー7月)】ごきぶり台所などによく出てくる不快害虫。隠語として「G」とも呼ばれる。俳句では「油虫」ないしは「御器齧」とされることもある。三億年ほど前の「古生代石炭紀」から生…

  2. 【夏の季語】白玉

    【夏の季語=三夏(5〜7月)】白玉白玉は、白玉粉で作った団子のこと…

  3. 【夏の季語】六月

    【夏の季語=仲夏(6月)】六月俳句で「六月」といえば、一般的には、…

  4. 【夏の季語】青梅

    【夏の季語=仲夏(6月)】青梅梅がつける青々とした実のこと。…

  5. 【夏の季語】金魚

    観賞用の魚の定番。昔は「金魚売」といって、街中を売り歩く行商人もいたほどだ…

  6. 【夏の季語】黴

  7. 【夏の季語】蟻

  8. 【夏の季語】薔薇

  9. 【夏の季語】ハンカチ

  10. 【夏の季語】鮎

  11. 【夏の季語】涼し

  12. 【夏の季語】松落葉

おすすめ記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第103回】中島三紀
  2. 「野崎海芋のたべる歳時記」モワルー・オ・ショコラ
  3. 葉桜の頃の電車は突つ走る 波多野爽波【季語=葉桜(夏)】
  4. 【冬の季語】大晦日
  5. 【夏の季語】紫陽花

Pickup記事

  1. 【春の季語】春野
  2. 「野崎海芋のたべる歳時記」ルバーブ
  3. 笠原小百合の「競馬的名句アルバム」【第6回】2018年フェブラリーステークス・ノンコノユメ
  4. 大金をもちて茅の輪をくぐりけり 波多野爽波【季語=茅の輪(夏)】
  5. 鎌倉を驚かしたる余寒あり 高濱虚子【季語=余寒(春)】
PAGE TOP