1. 妻となる人五月の波に近づきぬ 田島健一【季語=五月(夏)】

    妻となる人五月の波に近づきぬ田島健一(『ただならぬぽ』)恋人たちというものは、海に行きたがる。海水浴も楽しいが、触れることの出来ない海を眺めているのもまた心が満たされる。海を恋う気持ちというのは、胎…

  2. 泉に手浸し言葉の湧くを待つ 大串章【季語=泉(夏)】

    泉に手浸し言葉の湧くを待つ大串章心が乱れた時、それを紙に書…

  3. パン屋の娘頬に粉つけ街薄暑 高田風人子【季語=薄暑(夏)】

    パン屋の娘頬に粉つけ街薄暑高田風人子元気でやっていますか?…

  4. 古池やにとんだ蛙で蜘蛛るTELかな 加藤郁乎

    古池やにとんだ蛙で蜘蛛るTELかな加藤郁乎(『牧歌メロン』昭和45年)…

  5. 飛んでゐる蝶にいつより蜂の影 中西夕紀【季語=蝶・蜂(春)】

    飛んでゐる蝶にいつより蜂の影中西夕紀夜中に暑くて暑くて、し…

  6. 春惜しみつゝ蝶々におくれゆく   三宅清三郎【季語=春惜む・蝶々(春)】

  7. 白魚の目に哀願の二つ三つ 田村葉【季語=白魚(春)】

  8. 東風を負ひ東風にむかひて相離る   三宅清三郎【季語=東風(春)】

  9. かくも濃き桜吹雪に覚えなし 飯島晴子【季語=桜吹雪(春)】

  10. 牡丹ていっくに蕪村ずること二三片 加藤郁乎  

  11. 吾も春の野に下りたてば紫に 星野立子【季語=春の野(春)】

  12. エッフェル塔見ゆる小部屋に雛飾り 柳田静爾楼【季語=雛飾り(春)】

おすすめ記事

  1. ラヂオさへ黙せり寒の曇り日を 日野草城【季語=寒(冬)】
  2. 木犀や同棲二年目の畳 髙柳克弘【季語=木犀(秋)】
  3. 【連載】俳人のホンダナ!#7 矢野玲奈
  4. 【春の季語】梅
  5. 【短期連載】茶道と俳句 井上泰至【第4回】

Pickup記事

  1. 【冬の季語】神無月/かみなづき 神去月 神在月 時雨月 初霜月
  2. 水遊とはだんだんに濡れること 後藤比奈夫【季語=水遊(夏)】
  3. 敷物のやうな犬ゐる海の家 岡田由季【季語=海の家(夏)】
  4. マフラーの長きが散らす宇宙塵 佐怒賀正美【季語=マフラー(冬)】
  5. 筍の光放つてむかれけり 渡辺水巴【季語=筍(夏)】
PAGE TOP