1. ひよんの実や昨日と違ふ風を見て   高橋安芸【季語=ひよんの実(秋)】

    ひよんの実や昨日と違ふ風を見て)高橋安芸長野県俳人協会編『信濃句集』で目を引いた作家として高橋安芸の名も挙げておきたい。 約束のごとし松過ぎ流れ出す 古葦に鳥の目覚めの声みじか…

  2. 鳥屋の窓四方に展けし花すゝき     丹治蕪人【季語=花すゝき(秋)】

    鳥屋の窓四方に展けし花すゝき丹治蕪人(たんじ・ぶじん))な…

  3. 秋冷やチーズに皮膚のやうなもの 小野あらた【季語=秋冷(秋)】

    秋冷やチーズに皮膚のやうなもの)小野あらた十月も後半になる…

  4. 懐石の芋の葉にのり衣被  平林春子【季語=衣被(秋)】

    懐石の芋の葉にのり衣被)平林春子1978年刊行『信濃句集』…

  5. 輝きてビラ秋空にまだ高し 西澤春雪【季語=秋空(秋)】

    輝きてビラ秋空にまだ高し)西澤春雪松本で開催されるイベント…

  6. 手に負へぬ萩の乱れとなりしかな 安住敦【季語=萩(秋)】

  7. つきの光に花梨が青く垂れてゐる。ずるいなあ先に時が満ちてて 岡井隆

  8. 淋しさに鹿も起ちたる馬酔木かな      山本梅史【季語=鹿(秋)】

  9. 海に出て綿菓子買えるところなし 大高翔

  10. サフランもつて迅い太子についてゆく 飯島晴子【季語=サフランの花(秋)】

  11. ある年の子規忌の雨に虚子が立つ 岸本尚毅【季語=子規忌(秋)】

  12. 雨月なり後部座席に人眠らせ 榮猿丸【季語=雨月(秋)】

カテゴリー記事一覧

記事一覧

PAGE TOP