冬の季語

  1. バー温し年豆妻が撒きをらむ 河野閑子【季語=年豆(冬)】

    バー温し年豆妻が撒きをらむ河野閑子 今日は、2月3日金曜日、節分である。昔は、四季の移り目をそれぞれ節分と言われていたそうだが、今は、立春の前日だけが節分と呼ばれる。新しい春を迎える意味から追儺が行…

  2. 灯を消せば部屋無辺なり夜の雪 小川軽舟【季語=雪(冬)】

    灯を消せば部屋無辺なり夜の雪小川軽舟(「俳句四季」2019年1月号)…

  3. 湖をこつんとのこし山眠る 松王かをり【季語=山眠る(冬)】 

    湖をこつんとのこし山眠る)松王かをり(「北海道俳句年鑑2022」より)…

  4. かいつぶり離ればなれはいい関係 山﨑十生【季語=鳰(冬)】

    かいつぶり離ればなれはいい関係山﨑十生(『花鳥諷詠入門』)…

  5. 恐るべき八十粒や年の豆 相生垣瓜人【季語=年の豆(冬)】

    恐るべき八十粒や年の豆相生垣瓜人笑える句である。い…

  6. あまり寒く笑へば妻もわらふなり 石川桂郎【季語=寒し(冬)】

  7. 冬深し柱の中の波の音 長谷川櫂【季語=冬深し(冬)】

  8. 消すまじき育つるまじき火は埋む 京極杞陽【季語=埋火(冬)】

  9. 霜夜子は泣く父母よりはるかなものを呼び 加藤楸邨【季語=霜夜(冬)】

  10. 冬ざれや父の時計を巻き戻し 井越芳子【季語=冬ざれ(冬)】

  11. 龍の玉深く蔵すといふことを 高浜虚子【季語=龍の玉(新年)】

  12. 皹といふいたさうな言葉かな 富安風生【季語=皹(冬)】

カテゴリー記事一覧

記事一覧

PAGE TOP