冬の季語

  1. 寒天煮るとろとろ細火鼠の眼 橋本多佳子【季語=寒天(冬)】

    寒天煮るとろとろ細火鼠の眼橋本多佳子(『橋本多佳子全句集』)角川ソフィア文庫から出た『橋本多佳子全句集』の巻末には季語別索引がついているのでありがたい。ぱらぱら索引を眺めていても「雪」の句が多いこと…

  2. ばばばかと書かれし壁の干菜かな   高濱虚子【季語=干菜(冬)】

    ばばばかと書かれし壁の干菜かな高濱虚子(『五百句』)虚子に…

  3. 琅玕や一月沼の横たはり 石田波郷【季語=一月(冬)】

    琅玕や一月沼の横たはり)石田波郷) 年の初めは古いことばか…

  4. あひみての後を逆さのかいつぶり 柿本多映【季語=鳰(冬)】

    あひみての後を逆さのかいつぶり柿本多映(『蝶日』) 小倉百…

  5. 雪掻きて今宵誘うてもらひけり 榎本好宏【季語=雪掻(冬)】

    雪掻きて今宵誘うてもらひけり榎本好宏東京が4年ぶりの大雪に…

  6. よき椅子にもたれて話す冬籠 池内たけし【季語=冬籠(冬)】

  7. 大寒の一戸もかくれなき故郷 飯田龍太【季語=大寒(冬)】

  8. 胎動に覚め金色の冬林檎 神野紗希【季語=冬林檎(冬)】

  9. 嗚呼これは温室独特の匂ひ 田口武【季語=温室(冬)】

  10. 寒月下あにいもうとのやうに寝て 大木あまり【季語=寒月(冬)】

  11. しんしんと寒さがたのし歩みゆく 星野立子【季語=寒さ(冬)】

  12. 片手明るし手袋をまた失くし 相子智恵【季語=手袋(冬)】

カテゴリー記事一覧

記事一覧

PAGE TOP