冬の季語

  1. 【冬の季語】冬木立

    【冬の季語=三冬(11〜1月)】冬木立【解説】冬の樹木である「冬木」が群立している様子のこと。「冬木」「枯木」「裸木」「寒木(かんぼく)」などが一本の木を思わせるのに対して、「冬木立」は木が並んでいるという…

  2. 雪兎なんぼつくれば声通る 飯島晴子【季語=雪兎(冬)】

    雪兎なんぼつくれば声通る)飯島晴子また雪兎であるが、お付き…

  3. 【冬の季語】雪兎

    【冬の季語=三冬(11月〜1月)】雪兎「雪」でつくった「兎」である。…

  4. 手袋に切符一人に戻りたる 浅川芳直【季語=手袋(冬)】

    手袋に切符一人に戻りたる浅川芳直人は一人で生まれ、一人で死…

  5. 【冬の季語】手袋

    【冬の季語=三冬(11〜1月)】手袋俳句では「寒さ」から手を守るた…

  6. 【冬の季語】追儺

  7. 雪が来るうさぎの耳とうさぎの目 青柳志解樹【季語=雪(冬)】

  8. 【冬の季語】兎

  9. 室咲きをきりきり締めて届きたり 蓬田紀枝子【季語=室咲(冬)】

  10. 【冬の季語】室咲

  11. 【冬の季語】鯨

  12. 冬河原のつぴきならぬ恋ならめ 行方克巳【季語=冬河原(冬)】

おすすめ記事

  1. 【#18】チャップリン映画の愉しみ方
  2. 【夏の季語】草田男忌/炎熱忌
  3. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第55回】 甲府盆地と福田甲子雄
  4. 氷上と氷中同じ木のたましひ 板倉ケンタ【季語=氷(冬)】
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第87回】笹木くろえ

Pickup記事

  1. 【春の季語】海苔
  2. 冴えかへるもののひとつに夜の鼻 加藤楸邨【季語=冴返る(春)】
  3. 【冬の季語】竜の玉(龍の玉)
  4. ハイシノミカタ【#1】「蒼海」(堀本裕樹主宰)
  5. 水を飲む風鈴ふたつみつつ鳴る 今井肖子【季語=風鈴(夏)】
PAGE TOP