「群青」

  1. メロン食ふたちまち湖を作りつつ 鈴木総史【季語=メロン(夏)】

    メロン食ふたちまち湖を作りつつ鈴木総史好きな食べ物を好きな食べ方でいただくことほど幸せなことはない。では、今その願いが叶うとしたら?好きなものが多すぎてこれまではそれが全く思いつかなかった。まあ、問…

  2. 百合のある方と狐のゐる方と 小山玄紀

    百合のある方と狐のゐる方と小山玄紀最終回なので、書きたいこ…

  3. 蕎麦碾くや月山はうつすらと雪 佐藤郁良【季語=雪(冬)】 

    蕎麦碾くや月山はうつすらと雪)(佐藤郁良(NHK俳句王国がゆく・山形県村山…

  4. 青空の暗きところが雲雀の血 高野ムツオ【季語=雲雀(春)】

    青空の暗きところが雲雀の血高野ムツオ先日、飛鳥に行ってきた…

  5. 牡丹ていっくに蕪村ずること二三片 加藤郁乎  

    牡丹ていっくに蕪村ずること二三片)(加藤郁乎『牧歌メロン』1970年…

  6. 吾も春の野に下りたてば紫に 星野立子【季語=春の野(春)】

  7. 一瞬にしてみな遺品雲の峰 櫂未知子【季語=雲の峰(夏)】 

  8. 祈るべき天と思えど天の病む 石牟礼道子

  9. 芹と名がつく賑やかな娘が走る 中村梨々【季語=芹(春)】 

  10. 誰も口にせぬ流氷の向かうの地 塩崎帆高【季語=流氷(春)】

  11. 故郷のすすしの陰や春の雪 原石鼎【季語=春の雪(春)】 

  12. 屋根替の屋根に鎌刺し餉へ下りぬ 大熊光汰【季語=屋根替(春)】

おすすめ記事

  1. 【春の季語】うらら
  2. 蜷のみち淡くなりてより来し我ぞ 飯島晴子【季語=蜷(春)】
  3. 伊太利の毛布と聞けば寝つかれず 星野高士【季語=毛布(冬)】
  4. 輝きてビラ秋空にまだ高し 西澤春雪【季語=秋空(秋)】
  5. 【新年の季語】人の日

Pickup記事

  1. 胡桃割る胡桃の中に使はぬ部屋 鷹羽狩行【季語=胡桃(秋)】
  2. 霜柱ひとはぎくしやくしたるもの 山田真砂年【季語=霜柱(冬)】
  3. 【秋の季語】山椒の実
  4. 枯芦の沈む沈むと喚びをり 柿本多映【季語=枯芦(冬)】
  5. COVID-19十一月の黒いくれよん 瀬戸正洋【冬の季語=十一月(冬)】
PAGE TOP