1. 楽譜読めぬ子雲をつれて親夏雲 秋元不死男【季語=夏雲(夏)】

    楽譜読めぬ子雲をつれて親夏雲秋元不死男雲はみていて飽きることがない。スマートフォンのカメラ機能で、写真をたくさん撮ってしまうこともある。実にさまざまなかたちをしていて、そのかたちも次々と変わって変化…

  2. 蛇を知らぬ天才とゐて風の中 鈴木六林男【季語=蛇(夏)】

    蛇を知らぬ天才とゐて風の中鈴木六林男(『荒天』昭和24年)…

  3. 抱きしめてもらへぬ春の魚では 夏井いつき【季語=春の魚(春)】

    抱きしめてもらへぬ春の魚では夏井いつき(『伊月集』)春の魚…

  4. 流氷や宗谷の門波荒れやまず 山口誓子【季語=流氷(春)】

    流氷や宗谷の門波荒れやまず山口誓子今週、北海道・根室へ出張…

  5. 誰も口にせぬ流氷の向かうの地 塩崎帆高【季語=流氷(春)】

    誰も口にせぬ流氷の向かうの地塩崎帆高前回は友人四人で屋根替…

  6. 父の手に負へぬ夜泣きや夏の月 吉田哲二【季語=夏の月(夏)】 

  7. 雪折を振り返ることしかできず 瀬間陽子【季語=雪折(冬)】 

  8. みじろがず白いマスクの中にいる 梶大輔【季語=マスク(冬)】

  9. 秋うらら他人が見てゐて樹が抱けぬ 小池康生【季語=秋うらら(秋)】

  10. 逢いたいと書いてはならぬ月と書く 池田澄子【季語=月(秋)】

  11. 子燕のこぼれむばかりこぼれざる 小澤實【季語=子燕(夏)】

  12. いつまでも死なぬ金魚と思ひしが 西村麒麟【季語=金魚(夏)】

おすすめ記事

  1. 美しき時雨の虹に人を待つ 森田愛子【季語=時雨(冬)】
  2. お障子の人見硝子や涅槃寺 河野静雲【季語=涅槃寺(春)】
  3. 【春の季語】海市
  4. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第44回】 安房と鈴木真砂女
  5. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第13回】神戸と西東三鬼

Pickup記事

  1. 父の日の父に甘えに来たらしき 後藤比奈夫【季語=父の日(夏)】
  2. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【1】/高部務(作家)
  3. ほととぎす孝君零君ききたまへ 京極杞陽【季語=時鳥(夏)】
  4. 牛日や駅弁を買いディスク買い 木村美智子【季語=牛日(新年)】
  5. 【書評】松本実穂 第1歌集『黒い光』(角川書店、2020年)
PAGE TOP