ハイクノミカタ日下野由季

  1. 【祝1周年】ハイクノミカタ season1 【2020.10-2021.9】

    2020年10月からスタートした「ハイクノミカタ」。【シーズン1】は、各曜日を7名の気鋭の俳人が担当、季節の1句をご紹介。月曜=日下野由季→篠崎央子(2021年7月〜)、火曜=鈴木牛後、水曜=月野ぽぽな、木曜=橋本直、金曜…

  2. はなびらの垂れて静かや花菖蒲 高浜虚子【季語=花菖蒲(夏)】

    はなびらの垂れて静かや花菖蒲 高浜虚子一幅の日本画のように…

  3. 水鏡してあぢさゐのけふの色 上田五千石【季語=あぢさゐ(夏)】

    水鏡してあぢさゐのけふの色 上田五千石紫陽花の花が色づき始…

  4. さみだれの電車の軋み君が許へ 矢島渚男【季語=さみだれ(夏)】

    さみだれの電車の軋み君が許へ矢島渚男天気予報によると、五月…

  5. 母の日の義母にかなしきことを告ぐ 林誠司【季語=母の日(夏)】

    母の日の義母(はは)にかなしきことを告ぐ 林 誠司五月の第…

  6. 鳥帰るいづこの空もさびしからむに 安住敦【季語=鳥帰る(春)】

  7. 筍の光放つてむかれけり 渡辺水巴【季語=筍(夏)】

  8. 桜蘂ふる一生が見えてきて 岡本眸【季語=桜蘂ふる(春)】

  9. さへづりのだんだん吾を容れにけり 石田郷子【季語=囀(春)】

  10. 父がまづ走つてみたり風車 矢島渚男【季語=風車(春)】

  11. 人はみななにかにはげみ初桜 深見けん二【季語=初桜(春)】

  12. 妻の遺品ならざるはなし春星も 右城暮石【季語=春星(春)】

おすすめ記事

  1. 東風を負ひ東風にむかひて相離る   三宅清三郎【季語=東風(春)】
  2. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第27回】熊本・江津湖と中村汀女
  3. シゴハイ【第3回】脇本浩子(イタリア食文化文筆・翻訳家)
  4. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第9回】
  5. 水鳥の和音に還る手毬唄 吉村毬子

Pickup記事

  1. さわやかにおのが濁りをぬけし鯉 皆吉爽雨【季語=爽やか(秋)】
  2. 小鳥来る薄き机をひからせて 飯島晴子【季語=小鳥来る(秋)】
  3. 【短期連載】茶道と俳句 井上泰至【第5回】
  4. 【冬の季語】蒲団干す(布団干す)
  5. 【秋の季語】鶏頭/鶏頭花
PAGE TOP