1. プラタナス夜もみどりなる夏は来ぬ 石田波郷【季語=夏来る(夏)】

    プラタナス夜もみどりなる夏は来ぬ石田波郷以前鑑賞した「あえかなる薔薇撰りをれば春の雷」や教科書でもよく見かける「バスを待ち大路の春をうたがはず」などと同じく、この句も第一句集『鶴の眼』に所載されてい…

  2. かゝる世もありと暮しぬ春炬燵 松尾いはほ【季語=春炬燵(春)】

    かゝる世もありと暮しぬ春炬燵松尾いはほ(まつお・いわお)頼…

  3. 未生以前の石笛までも刎ねる 小野初江

    未生以前の石笛までも刎ねる)小野初江)掲句との出会いはおよ…

  4. 春山もこめて温泉の国造り 高濱虚子【季語=春山(春)】

    春山もこめて温泉の国造り高濱虚子「温泉」は「いでゆ」と読む…

  5. ハナニアラシノタトヘモアルゾ  「サヨナラ」ダケガ人生ダ 井伏鱒二

    ハナニアラシノタトヘモアルゾ 「サヨナラ」ダケガ人生ダ井伏鱒二…

  6. 仕る手に笛もなし古雛 松本たかし【季語=古雛(春)】

  7. 火事かしらあそこも地獄なのかしら 櫂未知子【季語=火事(冬)】

  8. 海鼠噛むことも別れも面倒な 遠山陽子【季語=海鼠(冬)】

  9. 埋火もきゆやなみだの烹る音 芭蕉【季語=埋火(冬)】

  10. 木の葉髪あはれゲーリークーパーも 京極杞陽【季語=木の葉髪(冬)】

  11. 自動車も水のひとつや秋の暮 攝津幸彦【季語=秋の暮(秋)】

  12. 紐の束を括るも紐や蚯蚓鳴く 澤好摩【季語=蚯蚓鳴く(秋)】

カテゴリー記事一覧

記事一覧

PAGE TOP