1. 無駄足も無駄骨もある苗木市 仲寒蟬【季語=苗木市(春)】

    無駄足も無駄骨もある苗木市仲寒蟬2Fのカウンター席から駅通りが見えてまったりするのによいカフェ。普段誰も居ない空間にその日は珍しく奥の席に男女カップルの先客が。1口…2口と飲んで落ち着いてき…

  2. かくも濃き桜吹雪に覚えなし 飯島晴子【季語=桜吹雪(春)】

    かくも濃き桜吹雪に覚えなし)飯島晴子濃密な桜吹雪の中に、過…

  3. 吾も春の野に下りたてば紫に 星野立子【季語=春の野(春)】

    吾も春の野に下りたてば紫に星野立子先日、縁あって星野椿先生…

  4. 誰も口にせぬ流氷の向かうの地 塩崎帆高【季語=流氷(春)】

    誰も口にせぬ流氷の向かうの地塩崎帆高前回は友人四人で屋根替…

  5. 海苔あぶる手もとも袖も美しき 瀧井孝作【季語=海苔(春)】

    海苔あぶる手もとも袖も美しき瀧井孝作(『海ほほづき』)海苔…

  6. 真っ白な息して君は今日も耳栓が抜けないと言う 福田若之【季語=真っ白な息(冬)】

  7. いつよりも長く頭を下げ初詣 八木澤高原【季語=初詣(新年)】

  8. 死も佳さそう黒豆じっくり煮るも佳し 池田澄子【季語=黒豆(新年)】

  9. 若き日の映画も見たりして二日 大牧広【季語=二日(新年)】

  10. あたゝかき十一月もすみにけり 中村草田男【季語=十一月(冬)】

  11. 赤福のたひらなへらもあたたかし 杉山久子【季語=あたたか(春)】

  12. 手繰るてふ言葉も旨し走り蕎麦 益岡茱萸【季語=走り蕎麦(秋)】

おすすめ記事

  1. ふゆの春卵をのぞくひかりかな 夏目成美【季語=冬の春(冬)】
  2. 【書評】日下野由季 第2句集『馥郁』(ふらんす堂、2018年)
  3. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第15回】能登と飴山實
  4. 血を血で洗ふ絨毯の吸へる血は 中原道夫【季語=絨毯(冬)】
  5. 黒鯛のけむれる方へ漕ぎ出づる 宇多喜代子【季語=黒鯛(夏)】

Pickup記事

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第49回】 小田原と藤田湘子
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第116回】入沢 仁
  3. 【春の季語】鳥曇
  4. おなじ長さの過去と未来よ星月夜 中村加津彦【季語=星月夜 (秋)】
  5. 中干しの稲に力を雲の峰 本宮哲郎【季語=雲の峰(夏)】
PAGE TOP