1. あたゝかき十一月もすみにけり 中村草田男【季語=十一月(冬)】

    あたゝかき十一月もすみにけり中村草田男十二月では忙しなく心持ちも寒いが、小春日の続く十一月となると実に穏やかだ。「も」が注目すべき表現なのは言うまでもないが、この「も」はどのような働きをしているだろ…

  2. 秋海棠西瓜の色に咲にけり 松尾芭蕉【季語=秋海棠(秋)】

    秋海棠西瓜の色に咲にけり松尾芭蕉(角川ソフィア文庫『芭蕉全句集』)…

  3. 淋しさに鹿も起ちたる馬酔木かな      山本梅史【季語=鹿(秋)】

    淋しさに鹿も起ちたる馬酔木かな山本梅史(やまもと・ばいし))…

  4. 幾千代も散るは美し明日は三越 攝津幸彦

    幾千代も散るは美し明日は三越攝津幸彦(現代俳句文庫『攝津幸彦句集』)…

  5. 季すぎし西瓜を音もなく食へり 能村登四郎【季語=西瓜(秋)】

    季(とき)すぎし西瓜を音もなく食へり能村登四郎夏と言えば西…

  6. 雲の中瀧かゞやきて音もなし 山口青邨【季語=瀧(夏)】

  7. してみむとてするなり我も日傘さす 種谷良二【季語=日傘(夏)】

  8. 行く涼し谷の向うの人も行く   原石鼎【季語=涼し(夏)】

  9. プラタナス夜もみどりなる夏は来ぬ 石田波郷【季語=夏来る(夏)】

  10. かゝる世もありと暮しぬ春炬燵 松尾いはほ【季語=春炬燵(春)】

  11. 未生以前の石笛までも刎ねる 小野初江

  12. 春山もこめて温泉の国造り 高濱虚子【季語=春山(春)】

カテゴリー記事一覧

記事一覧

PAGE TOP