けり

  1. 一燈を消し名月に対しけり 林翔【季語=名月(秋)】

    一燈を消し名月に対しけり)林翔 月は可能な限り毎日見ているが、やはり中秋の名月は格別だ。それだけに俳句にしようとするとどこから手をつければ良いのかわからなくなることがあるのは筆者だけではないだろう。…

  2. 又の名のゆうれい草と遊びけり 後藤夜半【季語=ゆうれい草(夏)】

    又の名のゆうれい草と遊びけり後藤夜半「ゆうれい草」は銀竜草…

  3. くらき瀧茅の輪の奥に落ちにけり 田中裕明【季語=茅の輪(夏)】

    くらき瀧茅の輪の奥に落ちにけり田中裕明夏越の祓は、陰暦六月…

  4. とらが雨など軽んじてぬれにけり 一茶【季語=虎が雨(夏)】

    とらが雨など軽んじてぬれにけり一茶(『新版 角川俳句大歳時記 夏』)…

  5. 麦藁を束ねる足をあてにけり   奈良鹿郎【季語=麦藁(夏)】

    麦藁を束ねる足をあてにけり奈良鹿郎(なら・しかろう)さっき…

  6. 蛇の衣傍にあり憩ひけり 高濱虚子【季語=蛇の衣(夏)】

  7. 詠みし句のそれぞれ蝶と化しにけり 久保田万太郎【季語=蝶(春)】

  8. 見てゐたる春のともしびゆらぎけり 池内たけし【季語=春灯(春)】

  9. 雪掻きて今宵誘うてもらひけり 榎本好宏【季語=雪掻(冬)】

  10. あきかぜの疾渡る空を仰ぎけり 久保田万太郎【季語=秋風(秋)】

  11. 虹の空たちまち雪となりにけり 山本駄々子【季語=雪(冬)】

  12. 秋の川真白な石を拾ひけり 夏目漱石【季語=秋の川(秋)】

カテゴリー記事一覧

記事一覧

PAGE TOP