けり

  1. 毛糸玉秘密を芯に巻かれけり 小澤克己【季語=毛糸玉(冬)】

    毛糸玉秘密を芯に巻かれけり小澤克己(『小澤克己句集』) 〈毛糸〉は冬の季語である。11月になると手芸店には色鮮やかな毛糸が並ぶ。私は、少女漫画の影響で毛糸編みに興味を持った。クリスマスに好きな男性へ…

  2. 冬の水突つつく指を映しけり 千葉皓史【季語=冬の水(冬)】

    冬の水突つつく指を映しけり千葉皓史 先に待ち合わせ場所に来…

  3. あたゝかき十一月もすみにけり 中村草田男【季語=十一月(冬)】

    あたゝかき十一月もすみにけり中村草田男今週に入って少しづつ…

  4. 「十六夜ネ」といった女と別れけり 永六輔【季語=十六夜(秋)】

    「十六夜ネ」といった女と別れけり永六輔 高校時代、ありがと…

  5. さういへばもう秋か風吹きにけり 今井杏太郎【季語=秋風(秋)】

    さういへばもう秋か風吹きにけり今井杏太郎甲子園の決勝を見て…

  6. 瀧見人子を先だてて来りけり 飯島晴子【季語=滝見(夏)】

  7. 祭笛吹くとき男佳かりける 橋本多佳子【季語=祭笛(夏)】

  8. 昼顔もパンタグラフも閉ぢにけり 伊藤麻美【季語=昼顔(夏)】

  9. 田を植ゑるしづかな音へ出でにけり 中村草田男【季語=田植(夏)】

  10. 卯月野にうすき枕を並べけり 飯島晴子【季語=卯月(夏)】

  11. 遠き屋根に日のあたる春惜しみけり 久保田万太郎【季語=春惜しむ(春)】

  12. 赤い椿白い椿と落ちにけり 河東碧梧桐【季語=椿(春)】

おすすめ記事

  1. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【2】/戸矢一斗(「銀漢」同人)
  2. 胸の炎のボレロは雪をもて消さむ 文挾夫佐恵【季語=雪(冬)】
  3. 【春の季語】早春
  4. 胡桃割る胡桃の中に使はぬ部屋 鷹羽狩行【季語=胡桃(秋)】
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第116回】入沢 仁

Pickup記事

  1. ハフハフと泳ぎだす蛭ぼく音痴 池禎章【季語=蛭(夏)】
  2. 稻光 碎カレシモノ ヒシメキアイ 富澤赤黄男【季語=稲光(秋)】
  3. 【冬の季語】嚏(嚔)
  4. 【第21回】新しい短歌をさがして/服部崇
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第128回】井越芳子
PAGE TOP