「櫟」

  1. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2024年5月分】

    前月に刊行された俳句結社誌・同人誌の最新号から「(最大)7句」を推薦いただき、掲出するコーナー。全句から、未来の名句となるかもしれない「推しの一句」を選んでご鑑賞いただく読者参加型コーナー「コンゲツノハイクを読む」は、今月…

  2. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2024年4月分】

    前月に刊行された俳句結社誌・同人誌の最新号から「(最大)7句」を推薦いただき、掲出…

  3. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2024年3月分】

    前月に刊行された俳句結社誌・同人誌の最新号から「(最大)7句」を推薦いただき、掲出…

  4. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2024年2月分】

    2024年もやります! 前月に刊行された俳句結社誌・同人誌の最新号から「(最大)7…

  5. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2024年1月分】

    2024年もやります! 毎月が俳句年鑑! 前月に刊行された俳句結社誌・同人誌の最新…

  6. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年12月分】

  7. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年11月分】

  8. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年10月分】

  9. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年9月分】

  10. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年8月分】

  11. おほぞらを剝ぎ落したる夕立かな 櫛部天思【季語=夕立(夏)】

  12. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年7月分】

おすすめ記事

  1. 未生以前の石笛までも刎ねる 小野初江
  2. けふあすは誰も死なない真葛原 飯島晴子【季語=葛の花(秋)】
  3. 田螺容れるほどに洗面器が古りし 加倉井秋を【季語=田螺(春)】
  4. 杜鵑草遠流は恋の咎として 谷中隆子【季語=杜鵑草(秋)】
  5. 目薬に涼しく秋を知る日かな 内藤鳴雪【季語=秋(秋)】

Pickup記事

  1. 「パリ子育て俳句さんぽ」【7月9日配信分】
  2. 幻影の春泥に投げ出されし靴 星野立子【季語=春泥(春)】
  3. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第8回】
  4. 息触れて初夢ふたつ響きあふ 正木ゆう子【季語=初夢(新年)】
  5. 新綠を描くみどりをまぜてゐる 加倉井秋を【季語=新綠(夏)】
PAGE TOP