ハイクノミカタ小津夜景

  1. 【祝1周年】ハイクノミカタ season1 【2020.10-2021.9】

    2020年10月からスタートした「ハイクノミカタ」。【シーズン1】は、各曜日を7名の気鋭の俳人が担当、季節の1句をご紹介。月曜=日下野由季→篠崎央子(2021年7月〜)、火曜=鈴木牛後、水曜=月野ぽぽな、木曜=橋本直、金曜…

  2. 櫻の樹だつたのか土龍散步する 片上長閑

    櫻の樹だつたのか土龍散步する)片上長閑先日、電車の中で山尾…

  3. 柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺 正岡子規【季語=柿(秋)】

    柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺)正岡子規本を読んでいると、気に…

  4. ミステリートレインが着く猿の星 飯島章友

    ミステリートレインが着く猿の星)飯島章友ときどき列車の車内…

  5. あさがほのたゝみ皺はも潦 佐藤文香【季語=朝顔(秋)】

    あさがほのたゝみ皺はも潦)佐藤文香クローゼットをあけたとき…

  6. かき冰青白赤や混ぜれば黎 堀田季何【季語=かき氷(夏)】

  7. けさ秋の一帆生みぬ中の海 原石鼎【季語=今朝秋(秋)】

  8. 藍を着古し/棚田の/父祖の/翳となる 上田玄

  9. カルーセル一曲分の夏日陰  鳥井雪【季語=夏日陰(夏)】

  10. ひと魂でゆく気散じや夏の原 葛飾北斎【季語=夏の原(夏)】

  11. 海底に足跡のあるいい天気 『誹風柳多留』

  12. ひまわりと俺たちなんだか美男子なり 谷佳紀【季語=ひまわり(夏)】

おすすめ記事

  1. はやり風邪下着上着と骨で立つ 村井和一【季語=流行風邪(冬)】
  2. 【連載】新しい短歌をさがして【2】服部崇
  3. 【俳句公募のご案内】「十年目の今、東日本大震災句集 わたしの一句」【12月15日締切】
  4. 台風や四肢いきいきと雨合羽 草間時彦【季語=台風(秋)】
  5. 【本の紹介】仏の道は句に通ず──山折哲雄『勿体なや祖師は紙衣の九十年』(中央公論新社、2017年)

Pickup記事

  1. 舌荒れてをり猟銃に油差す 小澤實【季語=猟銃(冬)】
  2. 【夏の季語】夏蝶
  3. 【連載】新しい短歌をさがして【19】服部崇
  4. 牡丹ていっくに蕪村ずること二三片 加藤郁乎  
  5. 秋櫻子の足あと【第6回】谷岡健彦
PAGE TOP