ハイクノミカタ小津夜景

  1. 【祝1周年】ハイクノミカタ season1 【2020.10-2021.9】

    2020年10月からスタートした「ハイクノミカタ」。【シーズン1】は、各曜日を7名の気鋭の俳人が担当、季節の1句をご紹介。月曜=日下野由季→篠崎央子(2021年7月〜)、火曜=鈴木牛後、水曜=月野ぽぽな、木曜=橋本直、金曜…

  2. 櫻の樹だつたのか土龍散步する 片上長閑

    櫻の樹だつたのか土龍散步する)片上長閑先日、電車の中で山尾…

  3. 柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺 正岡子規【季語=柿(秋)】

    柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺)正岡子規本を読んでいると、気に…

  4. ミステリートレインが着く猿の星 飯島章友

    ミステリートレインが着く猿の星)飯島章友ときどき列車の車内…

  5. あさがほのたゝみ皺はも潦 佐藤文香【季語=朝顔(秋)】

    あさがほのたゝみ皺はも潦)佐藤文香クローゼットをあけたとき…

  6. かき冰青白赤や混ぜれば黎 堀田季何【季語=かき氷(夏)】

  7. けさ秋の一帆生みぬ中の海 原石鼎【季語=今朝秋(秋)】

  8. 藍を着古し/棚田の/父祖の/翳となる 上田玄

  9. カルーセル一曲分の夏日陰  鳥井雪【季語=夏日陰(夏)】

  10. ひと魂でゆく気散じや夏の原 葛飾北斎【季語=夏の原(夏)】

  11. 海底に足跡のあるいい天気 『誹風柳多留』

  12. ひまわりと俺たちなんだか美男子なり 谷佳紀【季語=ひまわり(夏)】

おすすめ記事

  1. 「けふの難読俳句」【第4回】「毳」
  2. 一瞬で耳かきを吸う掃除機を見てしまってからの長い夜 公木正
  3. 【夏の季語】入梅
  4. 蜩や久しぶりなる井の頭      柏崎夢香【季語=蜩(秋)】
  5. 【春の季語】紅梅

Pickup記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第55回】小川洋
  2. 木の中に入れば木の陰秋惜しむ 大西朋【季語=秋惜しむ(秋)】
  3. 結婚は夢の続きやひな祭り 夏目雅子【季語=雛祭(春)】
  4. 凌霄は妻恋ふ真昼のシャンデリヤ 中村草田男【季語=凌霄(夏)】
  5. 干されたるシーツ帆となる五月晴 金子敦【季語=五月晴(夏)】
PAGE TOP