「雪華」

  1. 湖をこつんとのこし山眠る 松王かをり【季語=山眠る(冬)】 

    湖をこつんとのこし山眠る)松王かをり(「北海道俳句年鑑2022」より) 前回、流氷が大好きと書いたが、一番好きなものは、湖である。東京にいた頃から、吟行や旅行などで湖を訪れることが多かった。「湖には…

  2. 流氷が繋ぐ北方領土かな 大槻独舟【季語=流氷(冬)】 

    流氷が繋ぐ北方領土かな)大槻独(どく)舟(しゅう)(「北海道俳句年鑑202…

  3. 蝦夷に生まれ金木犀の香を知らず 青山酔鳴【季語=金木犀(秋)】 

    蝦夷(えぞ)に生まれ金木犀の香を知らず)青山酔鳴(すいめい)(『雪華』20…

  4. 初燈明背にあかつきの雪の音 髙橋千草【季語=初燈明(新年)】 

    初燈(とう)明(みょう)背にあかつきの雪の音)髙橋千草(ちぐさ)(北海道俳…

  5. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年1月分】

    セクト・ポクリットでは2021年1月より、「コンゲツノハイク」をはじめました。前月…

  6. 年迎ふ父に胆石できたまま 島崎寛永【季語=年迎ふ(新年)】 

  7. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年12月分】

  8. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年11月分】

  9. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年10月分】

  10. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年9月分】

  11. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年8月分】

  12. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年7月分】

カテゴリー記事一覧

記事一覧

PAGE TOP