ハイクノミカタ橋本直

  1. 幾千代も散るは美し明日は三越 攝津幸彦

    幾千代も散るは美し明日は三越攝津幸彦(現代俳句文庫『攝津幸彦句集』)「幾千代も散るは美し」という、なにやら和歌の出だしにありそうな大和言葉で固めた上五中七と、「今日は帝劇、明日は三越」という戦前のコ…

  2. 海に出て綿菓子買えるところなし 大高翔

    海に出て綿菓子買えるところなし大高翔(「鳩よ!」1997年8月号)…

  3. 駅蕎麦の旨くなりゆく秋の風 大牧広【季語=秋の風(秋)】

    駅蕎麦の旨くなりゆく秋の風大牧広(『大牧広全句集』ふらんす堂)…

  4. 茄子もぐ手また夕闇に現れし 吉岡禅寺洞【季語=茄子(秋)】

    茄子もぐ手また夕闇に現れし吉岡禅寺洞(『吉岡禅寺洞 俳句全集』暁光堂俳句文…

  5. 汽車逃げてゆくごとし野分追ふごとし 目迫秩父【季語=野分(秋)】

    汽車逃げてゆくごとし野分追ふごとし目迫めさく秩父(『雪無限』琅玕洞)…

  6. 天高し深海の底は永久に闇 中野三允【季語=天高し(秋)】

  7. なんぼでも御代りしよし敗戦日 堀本裕樹【季語=敗戦日(秋)】

  8. もの書けば余白の生まれ秋隣 藤井あかり【季語=秋隣(夏)】

  9. 利根川のふるきみなとの蓮かな 水原秋櫻子【季語=蓮(夏)】

  10. 夏痩せて瞳に塹壕をゑがき得ざる 三橋鷹女【季語=夏痩(夏)】

  11. すばらしい乳房だ蚊が居る 尾崎放哉【季語=蚊(夏)】

  12. 方舟へ行く一本道の闇上野ちづこ(無季)

カテゴリー記事一覧

記事一覧

PAGE TOP