ハイクノミカタ橋本直

  1. 灯を消せば部屋無辺なり夜の雪 小川軽舟【季語=雪(冬)】

    灯を消せば部屋無辺なり夜の雪小川軽舟(「俳句四季」2019年1月号)昨秋刊行された小川軽舟の第六句集のタイトルが『無辺』と知ったとき、頭に浮かんだのが今回取り上げた句。雑誌に同時に発表した「雪になり…

  2. 冬深し柱の中の波の音 長谷川櫂【季語=冬深し(冬)】

    冬深し柱の中の波の音長谷川櫂(『古志』)初めて読んだのがい…

  3. よもに打薺もしどろもどろ哉 芭蕉【季語=薺打つ(新年)】

    よもに打薺もしどろもどろ哉芭蕉(『芭蕉全発句集』角川ソフィア文庫)…

  4. 二十世紀なり列国に御慶申す也 尾崎紅葉【季語=御慶(新年)】

    二十世紀なり列国に御慶申す也尾崎紅葉(高山れおな『尾崎紅葉の百句』)…

  5. ぽつぺんを吹くたび変はる海の色 藺草慶子【季語=ぽつぺん(新年)】

    ぽつぺんを吹くたび変はる海の色藺草慶子(『新版角川俳句大歳時記 新年』)…

  6. 集いて別れのヨオーッと一本締め 雪か 池田澄子【季語=雪(冬)】

  7. つひに吾れも枯野のとほき樹となるか 野見山朱鳥【季語=枯野(冬)】

  8. 完璧なメドベージェワが洟を擤む 秋尾敏【季語=水洟(冬)】

  9. 本の山くづれて遠き海に鮫 小澤實【季語=鮫(冬)】

  10. とつぷりと後ろ暮れゐし焚火かな 松本たかし【季語=焚火(冬)】

  11. 冬枯や熊祭る子の蝦夷錦 正岡子規【季語=冬枯・熊(冬)】

  12. 夢に夢見て蒲団の外に出す腕よ 桑原三郎【季語=蒲団(冬)】

カテゴリー記事一覧

記事一覧

PAGE TOP