ハイクノミカタ安里琉太

  1. つきの光に花梨が青く垂れてゐる。ずるいなあ先に時が満ちてて 岡井隆

    つきの光に花梨が青く垂れてゐる。ずるいなあ 先に時が満ちてて岡井隆耽美的な景である。月光の中に垂れている花梨の実は青く、量感ゆたかにそこにある。この上の句は、その気になればこれだけで俳句としての一句…

  2. ひるすぎの小屋を壊せばみなすすき 安井浩司【季語=すすき(秋)】

    ひるすぎの小屋を壊せばみなすすき安井浩司小屋はバラックのよ…

  3. ある年の子規忌の雨に虚子が立つ 岸本尚毅【季語=子規忌(秋)】

    ある年の子規忌の雨に虚子が立つ岸本尚毅虚子の心中を慮る句で…

  4. ときじくのいかづち鳴つて冷やかに 岸本尚毅【季語=冷やか(秋)】

    ときじくのいかづち鳴つて冷やかに岸本尚毅「ときじく」は、「…

  5. 季すぎし西瓜を音もなく食へり 能村登四郎【季語=西瓜(秋)】

    季(とき)すぎし西瓜を音もなく食へり能村登四郎夏と言えば西…

  6. みづうみに鰲を釣るゆめ秋昼寝 森澄雄【季語=鯊・秋昼寝(秋)】

  7. 八月は常なる月ぞ耐へしのべ 八田木枯【季語=八月(秋)】

  8. まはし見る岐阜提灯の山と川 岸本尚毅【季語=岐阜提灯(夏)】

  9. 八月の灼ける巌を見上ぐれば絶倫といふ明るき寂寥 前登志夫【季語=夏山(夏)】

  10. 夏山に勅封の大扉あり 宇佐美魚目【季語=夏山(夏)】

  11. からたちの花のほそみち金魚売 後藤夜半【季語=金魚売(夏)】

  12. 雲の中瀧かゞやきて音もなし 山口青邨【季語=瀧(夏)】

カテゴリー記事一覧

記事一覧

PAGE TOP