かな

  1. 笠原小百合の「競馬的名句アルバム」【第3回】2010年神戸新聞杯

    【第3回】薔薇の蕾のひらくとき(2010年神戸新聞杯・ローズキングダム)競馬の楽しみ方の一つに血統がある。競馬は血統のスポーツとも言われ、血縁関係が重要な意味を持つ。いま目の前を走っているのは一頭の馬ではな…

  2. 帰るかな現金を白桃にして 原ゆき【季語=白桃(秋)】

    帰るかな現金を白桃にして)原 ゆき キャッシュレス社会なん…

  3. 向いてゐる方へは飛べぬばつたかな 抜井諒一【季語=飛蝗(秋)】

    向いてゐる方へは飛べぬばつたかな)抜井諒一 なりたい自分の…

  4. なく声の大いなるかな汗疹の児 高浜虚子【季語=汗疹(夏)】

    なく声の大いなるかな汗疹の児)高浜虚子 父は78歳でこの世…

  5. 利根川のふるきみなとの蓮かな 水原秋櫻子【季語=蓮(夏)】

    利根川のふるきみなとの蓮かな水原秋櫻子(『葛飾』)もともと…

  6. 青大将この日男と女かな 鳴戸奈菜【季語=青大将(夏)】

  7. はしりすぎとまりすぎたる蜥蜴かな    京極杞陽【季語=蜥蜴(夏)】

  8. 襖しめて空蟬を吹きくらすかな 飯島晴子【季語=空蟬(夏)】

  9. まどごしに與へ去りたる螢かな 久保より江【季語=蛍(夏)】

  10. 中年の恋のだんだら日覆かな 星野石雀【季語=日覆(夏)】

  11. 露地裏を夜汽車と思ふ金魚かな 攝津幸彦【季語=金魚(夏)】

  12. 日蝕の鴉落ちこむ新樹かな 石田雨圃子【季語=新樹(夏)】

カテゴリー記事一覧

記事一覧

PAGE TOP