春の季語

  1. 杜甫にして余寒の詩句ありなつかしき 森澄雄【季語=余寒(春)】

    杜甫にして余寒の詩句ありなつかしき森澄雄(『季題別森澄雄全句集』)森澄雄の余寒を詠んだ句には「かんばせに余寒のありて雛かな」(『天日』)という森澄雄らしい(と筆者が感じる)句もあるのだが、こちらの句…

  2. 仕る手に笛もなし古雛 松本たかし【季語=古雛(春)】

    仕る手に笛もなし古雛)松本たかし) 母方の祖父は趣味人であ…

  3. 鞦韆は漕ぐべし愛は奪ふべし 三橋鷹女【季語=バレンタインデー(春)】

    鞦韆は漕ぐべし愛は奪ふべし三橋鷹女(『白骨』) 〈鞦韆〉は…

  4. 詩に瘦せて二月渚をゆくはわたし 三橋鷹女【季語=二月(春)】

    詩に瘦せて二月渚をゆくはわたし三橋鷹女以前、何かの講演で、…

  5. 浅春の岸辺は龍の匂ひせる 対中いずみ【季語=亀浅春(春)】

    浅春の岸辺は龍の匂ひせる対中いずみ))暦の上では春と言いな…

  6. ひざにゐて猫涅槃図に間に合はず 有馬朗人【季語=涅槃図(春)】

  7. 毒舌は健在バレンタインデー 古賀まり子【季語=バレンタインデー(春)】

  8. やがてわが真中を通る雪解川 正木ゆう子【季語=雪解川(春)】

  9. 猿負けて蟹勝つ話亀鳴きぬ 雪我狂流【季語=亀鳴く(春)】

  10. 春雪の一日が長し夜に逢ふ 山田弘子【季語=春雪(春)】

  11. 春の雪指の炎ゆるを誰に告げむ 河野多希女【季語=春の雪(春)】

  12. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#11

カテゴリー記事一覧

記事一覧

PAGE TOP