春の季語

  1. 【春の季語】春

    【春の季語=三春(2月〜4月)】春草木が「芽吹き」だし、水が「温み」だし、「あたたか」くなる季節。【春(上五)】この春を鏡見ることもなかりけり 正岡子規春や昔十五万石の城下かな …

  2. 【春の季語】初花

    【春の季語=仲春(3月)】初花その年に初めて咲いた「桜」の花のこと…

  3. エリックのばかばかばかと桜降る 太田うさぎ【季語=桜(春)】

    エリックのばかばかばかと桜降る太田うさぎ(『俳コレ』)昔の…

  4. かくも濃き桜吹雪に覚えなし 飯島晴子【季語=桜吹雪(春)】

    かくも濃き桜吹雪に覚えなし)飯島晴子濃密な桜吹雪の中に、過…

  5. 春雷の一喝父の忌なりけり 太田壽子【季語=春雷(春)】

    春雷の一喝父の忌なりけり太田壽子ある春の日、雷が鳴った。職…

  6. 雁かへる方や白鷺城かたむく 萩原麦草【季語=雁帰る(春)】

  7. 【春の季語】雁帰る

  8. 百合のある方と狐のゐる方と 小山玄紀

  9. 大風の春葱畠真直来よ 飯島晴子【季語=春葱(春)】

  10. あり余る有給休暇鳥の恋 広渡敬雄【季語=鳥の恋(春)】

  11. 【春の季語】鳥の恋

  12. 流氷や宗谷の門波荒れやまず 山口誓子【季語=流氷(春)】

おすすめ記事

  1. 詠みし句のそれぞれ蝶と化しにけり 久保田万太郎【季語=蝶(春)】
  2. 不健全図書を世に出しあたたかし 松本てふこ【季語=あたたか(春)】 
  3. 雨聴いて一つ灯に寄る今宵かな 村上鬼城【季語=無月(秋)?】
  4. 【冬の季語】マスク
  5. 日記買ふよく働いて肥満して 西川火尖【季語=日記買ふ(冬)】

Pickup記事

  1. 不健全図書を世に出しあたたかし 松本てふこ【季語=あたたか(春)】 
  2. 未草ひらく跫音淡々と 飯島晴子【季語=未草(夏)】
  3. 春雪の一日が長し夜に逢ふ 山田弘子【季語=春雪(春)】
  4. 【春の季語】雛
  5. 【春の季語】鰊
PAGE TOP