ハイクノミカタ太田うさぎ

  1. ががんぼの何が幸せ不幸せ 今井肖子【季語=ががんぼ(夏)】

    ががんぼの何が幸せ不幸せ今井肖子))幸せのハードルは低い方がいい。俳句仲間が言い放った言葉に別の仲間が頭をぶん殴られたような衝撃を受け、いっとき「〇〇ちゃんの名言」として伝道師のように「幸せ…

  2. 立読みの少年夏は斜めに過ぎ 八田木枯【季語=夏(夏)】

    立読みの少年夏は斜めに過ぎ八田木枯))町から本屋が減って久…

  3. 紙魚の跡たどりて紙魚に逢はんとす 後藤夜半【季語=紙魚(夏)】

    紙魚の跡たどりて紙魚に逢はんとす後藤夜半))「あう」という…

  4. 冷やっこ試行錯誤のなかにあり 安西水丸【季語=冷やっこ(夏)】

    冷やっこ試行錯誤のなかにあり安西水丸))久しぶりに図書館へ…

  5. まはすから嘘つぽくなる白日傘 荒井八雪【季語=白日傘(夏)】

    まはすから嘘つぽくなる白日傘荒井八雪))思わず膝を打ってし…

  6. 蛇の衣傍にあり憩ひけり 高濱虚子【季語=蛇の衣(夏)】

  7. 夏場所の終はるころ家建つらしい 堀下翔【季語=夏場所(夏)】

  8. 捨て櫂や暑気たゞならぬ皐月空 飯田蛇笏【季語=皐月(夏)】

  9. 詠みし句のそれぞれ蝶と化しにけり 久保田万太郎【季語=蝶(春)】

  10. 黒服の春暑き列上野出づ 飯田龍太【季語=春暑し(春)】

  11. 自転車の片足大地春惜しむ 松下道臣【季語=春惜しむ(春)】

  12. 春日差す俳句ポストに南京錠 本多遊子【季語=春日(春)】

おすすめ記事

  1. してみむとてするなり我も日傘さす 種谷良二【季語=日傘(夏)】
  2. 団栗の二つであふれ吾子の手は 今瀬剛一【季語=団栗(秋)】
  3. 嫁がねば長き青春青蜜柑 大橋敦子【季語=青蜜柑(秋)】
  4. いつよりも長く頭を下げ初詣 八木澤高原【季語=初詣(新年)】
  5. 初夢のあとアボカドの種まんまる 神野紗希【季語=初夢(新年)】

Pickup記事

  1. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年10月分】
  2. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第31回】田園調布と安住敦
  3. 【夏の季語】閻魔詣/閻魔 閻王 宵閻魔 閻魔帳
  4. ともかくもくはへし煙草懐手 木下夕爾【季語=懐手(冬)】
  5. 藍を着古し/棚田の/父祖の/翳となる 上田玄
PAGE TOP